迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
基本読専門

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人間は真空曝露に遭っても即死するとは限らない ガンダム AGE 9 
Category: ガンダム  
九話 タイタス 戦闘 さらばタイタス、我々は君の勇姿を忘れない。
宇宙空間に逃れた UE のモビルスーツ型を追って出たフリット達だったが、工房にあったフツーのモビルスーツが敵う訳がない。
そーゆう訳で、ガンダムを呼ぶのだが・・・
やって来たのは、タイタスだった。
これは明らかな選択のミスだ。
戦闘フィールドは宇宙空間、断言はできないが 重装甲のパワータイプが宇宙空間の戦闘に向く可能性は低いと思う。
九話 UE 案の定、今回の UE は高機動タイプだった。
宇宙空間と云う広大なフィールドを活かすには、こうした高機動タイプか遠距離攻撃タイプとかが一番 向くと思う。
勿論 UE は謎に満ちているので、工房に持ち込まれたヤツが どんなタイプかは、見ただけでは判らなかったのだろう。 断定はできない。
しかし敵が脱出した時点で、戦闘フィールドは宇宙空間と決定した。
よってガンダムもそれに適した兵装を選択すべきである。
この時点では、標準タイプとパワータイプしかない。
ならば、結論は一つだ。
標準型を選ぶべきだったのだ、一応 宇宙空間での戦闘経験もあるし、撃墜の成果も上げている。
恐らく標準タイプでも今回の UE にはついて行けなかっただろう、しかしタイタスでは尚更その確率は上がるのだ。 戦闘経験の少ないフリットや おじいさんでは その判断は無理なのかもしれない。
前回 成果を上げた新型を使いたかったのだろう、だが それが誤りだった。
ここは経験豊富(多分)なウルフやグルーデックがアドバイスすべきだったのだ、彼等には判る筈だ。
もしかして無理? プロの軍人なんでしょ?

九話 予告 次回は早速 次の新型が出るみたいだ。 恐らく高機動タイプだろう。
AGE システムが解析していたので・・・
タイタス、お役御免か?
いや、使い方だ、戦闘フィールドや状況によって使い分けるのだ。
今回はフリット達の未熟さを敢えて露呈させた描写だったと考える・・・意地でも こう考える!
次回以降は、この経験を活かした成長したフリット達が見られるだろう・・・見られるよね?

疑問
九話 火災 工房内での火災、炎が“上”に向けて燃え上がっている。
よくは判らないのだが、例え気密区画とは云え、無重量環境では(この区画は重力が無かった筈)地上の様な対流は起きない筈だ。 こんな風な燃え上がり方をするものなのか?
よく判らん、誰か教えて!

九話 タイタス 九話 フリット 生身 フリットが生身で真空中に飛び出している。
これをムチャクチャと捉え、突っ込んだ人もいるかもしれない。
しかし、これは強ち無茶とは言い切れないのだ。
人間は真空曝露にあっても即死するとは限らないのである。
真空中では液体は存在できないので、血液が沸騰し始めると思われるが、それは瞬間的には起こらない。
心臓が動く限り血圧は掛かり続け、血液は血液として存在し続ける。 また皮膚と云うものも結構 強く、内圧で破裂するなどと云う事は起きない。
死ぬとしたら、それは やはり窒息死となるだろう。
ともかく、短時間なら生きていられるのである、では どれくらいだろうか?
アーサー・C・クラークと云う SF作家は 15秒から 20秒くらいだろうと言っている。
地球光 彼の著作、『地球光』の中で、描写がある。
二隻の宇宙船間を生身で移動するシーンがあった。
地球光 宇宙の旅 また 映画の『2001年宇宙の旅』でも描写がある。
主人公ボーマンが人工知能の HAL によりディスカバリー号から締め出された時、スペースポッドから手動でディスカバリー号のエアロック・ハッチを開けるのだが、この時 彼はヘルメットをつけ忘れていた。
結果として、彼は真空曝露の状態でエアロックに飛び込んで行っている。

ガンダムの中でも言っていたが、真空曝露に遭う場合、肺の空気はなるべく吐き出しておく方がいいらしい。 でないと、返って窒息してしまうのだそうだ。
あと太陽光はなるべく浴びない方が良い、全身火傷は確実だし、放射線被爆もするに違いないからだ。
モビルスーツなどで上手く影を作り、素早く移動するのだ。
しかしフリット君、上手くやったな、訓練していたのか?

記憶が定かではないが、昔 米空軍で真空曝露の実験をやったとか・・・
被験者の感想、「唇がピリピリする」 それだけ?
何とも凄い事をやるものだ。

さて、毎回 突っ込んでいるが、最近これが楽しくなってきた。
新たなアニメの見方を発見させてくれた、ガンダム AGE ・・・もしかすると これは凄い作品なのかも?


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
ベストショット

九話 女 九話 キス おっさんデレデレ、嗚呼・・・・・・
スポンサーサイト