FC2ブログ

迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
基本読専門

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
『魔術師殺し』 Fate/Zero 第八話 3
Category: Fate/Zero  
続きです、アイリスフィール+舞弥 vs 言峰綺礼の戦い・・・

綺礼の超人ぶりが如何なく発揮された一戦が描かれていた。
いや驚いた、殆ど世紀末救世主、若しくは覇王の人だよ。

八話 アイリ 6195429b アイリは新たな侵入者を感知する、そして それが綺礼である事を知ったのだった。
八話 アイリ 舞弥 c37271e6 アイリを守る・・・舞弥は切嗣より その命を受け、脱出しようとしていたのだが、侵入者が綺礼と知った事により二人の決意は固まった。
八話 アイリ 舞弥 f1db7113 「あの男だけは絶対に切嗣の所に行かせる訳にはいかない」 二人は全く同じ事を考えていた。
綺礼は切嗣にとって最大の脅威となり得る、「ここで食い止める」・・・二人は決意したのだった。
「人間の心って不思議ね」 このシーンの最後の台詞だ。
アイリはホムンクルスであり、人間ではないのだが その心は人間そのものと言える・・・そう感じられる。
この台詞の中に、アイリが人間と同等の存在となっている事実が凝縮している・・・自分には、そう思えた。

八話 舞弥 4bc716d4 舞弥は綺礼に銃撃を浴びせ、綺礼は銃弾に倒れた・・・そう見えたのだったが・・・
確認の為に舞弥が近づくや、即座に綺礼は起き上がり突進して来た。 舞弥は再び射撃を開始する。
八話 綺礼 5b174827 しかし綺礼は物ともせず、突進する。
何だこりゃ? 銃弾が直撃しているぞ! 何で平気で(そう見える)突進できるのだ?
服の下にプロテクターでも仕込んであるのか?
それとも魔術的な防御でもしているのか?
この後 格闘戦に突入する、そして・・・
八話 綺礼 舞弥 発頸 4c541eac 「ふんっ!」 と云った感じ。
衝撃が身体を突き抜けている、発剄(浸透系の打撃技)だ。 綺礼は何らかの武術を心得ているらしい(八極拳だと云う話を聞いた事がある)。
八話 舞弥 40b75944 トドメ・・・容赦なしだ。
瞬く間に決着が着いている、銃器を使う相手に(しかもプロだ)剣と徒手のみで立ち向かい打破してみせた。
恐るべし! 何たる格闘能力か!

八話 アイリ 魔術 be3e2291 「あなたが衛宮切嗣の所まで辿り着く事はない、私達が阻みます・・・ここで」 続いてアイリが戦う、代行者・魔術師狩りの達人たる綺礼に立ち向かうなど無謀の極みである。
しかしアイリは戦う、「私が切嗣から教わったのは車の運転だけじゃなくてよ? 生きる事、生き抜く事!」
八話 アイリ 魔術 daedf390 「シャービスト・レーベン!」(正確に聞き取れていないかも?)
八話 アイリ 魔術 25d7e34b 糸? 或いは針金? そんな感じのものから鳥型のものを形成する。
どうやらアイリの戦闘用魔術の様だ。

八話 綺礼 b70a15ff 八話 綺礼 73da83df 鳥型は綺礼に触れるや、解れ、彼の身体に巻きついた。
そしてアイリの操作により、綺礼は木に括りつけられる。
綺礼は身動き取れなくなったかに見えた。
ここで止めを・・・アイリは舞弥に頼むのだが・・・
八話 アイリ f38026c3 轟く衝撃音に驚くアイリ・・・
八話 綺麗 発頸 bc5ad257 八話 綺礼 発頸 8a2ef4c6 何と綺礼は あの発剄で木を打ち倒してしまった!
八話 綺礼 発頸 681b695b この時、完全に間合いが密着していた。
打つ時にモーションをかけるのは、完全に不可能だった・・・なのに樹木すらへし折る破壊力を発揮した。
これは寸剄の類だろうか?
寸剄とは、ワンインチ・パンチとも言われ、ごく至近からノーモーションで打ち込む打撃技だ。
全身の力を巧みに拳や掌の先に集約し、力積の大きな力(重い打撃)を打つのである。
この種の力は浸透性が高く、標的の内部奥深くに衝撃を与える。
達人の打つ寸剄は、傍から見て全く動いていないのに、相手を倒してしまう衝撃を放つのだそうである・・・ホントかどうかは判らないけどね。
ブルース・リーが やったと云う話は有名だ。

八話 綺礼 b8c64e82 ドヤ顔
正に武術の達人! 魔術師なんか辞めて格闘家にでもなったらどうだろうか?

八話 綺礼 アイリ 舞弥 1e7be3c7 勝負は決したか?
この後、舞弥さんは顎を蹴り上げられて昏倒する。 容赦なしである。

八話 綺礼 アイリ 9dbe8bf6 「女よ一つ問う、お前達 二人は衛宮切嗣を守る為に私に挑みかかって来た様だが・・・」 綺礼は問う。
八話 アイリ f4e12275 「それは、誰の意志だ?」 嗚呼、アイリさん・・・!
「令呪が無い以上、お前はアインツベルンのマスターではない。 恐らくは器の守り手の役割を持ったホムンクルス・・・その様な者が戦の前線に出ると云う愚行を犯す筈がない」
八話 綺礼 舞弥 771eb7bf 「重ねて問うぞ、女・・・お前達は誰の意志で戦った?」 アイリ、そして舞弥も答えはしないが、その瞳から闘志は消えていなかった。 屈する気は無いのである。
綺礼はその姿を見て、驚きを感じた。

ここでアサシンより、セイバー接近の知らせが届いた。
綺礼は撤退を決断したのだが・・・

八話 アイリ 綺礼 刺す 469a1ed9 八話 アイリ 吐血 35ea266c 行きがけの駄賃のつもりか、綺礼はアイリに剣を刺した。
八話 切嗣 アイリ f6b8e8fb 「なるほど、ちゃんと赤いのか・・・」 印象的な台詞だった。

八話 アイリ 舞弥 倒れる 75934781 「まさか この女達は、誰の指示を受けた訳でもなく、独断で戦いを挑む気なのか」 綺礼は有り得ないと言った。

虚無なる男・綺礼にとって、それは信じられない事だった。
そして切嗣も また自分同様 虚無なる男と信じていた・・・誰からも理解されず、それ故 身を賭して守る者など現れよう筈もないのだと言いたいらしい。

「そうでなくてはならない・・・」 勝手な思い込みである。

八話 セイバー アイリ e8f754f 八話 セイバー アイリを 97c8de04 八話 アイリ セイバーの手 a9a979c1 セイバーが駆けつけるのだが、アイリは瀕死の状態だ。
遂に主要キャラ退場の時か、と思ったのだが・・・
八話 セイバー アイリ 回復 87f0408d 何故かアイリは起き上がった。
八話 アイリ 腹 回復 c532eff1 アイリは回復したのだ、その傷は治癒していた。
八話 切嗣 アイリ 回想 宝具 eab0137e 八話 機嗣 アイリ 回想 19724871 実は持ち主の傷を癒す法具・アヴァロンを概念武装として体内に封じてあったのだ。
本来の持ち主・セイバーが触れる事により、傷はたちどころに癒されるのである。
セイバーと行動を共にする事になるアイリに対する切嗣の思いやりだったのだろう。
この事はセイバーは知らない、切嗣が他言無用と言ったからである。
八話 セイバー 治癒 0724d2c8 「あなたに触れられた瞬間から、アヴァロンの力が感じられたわ。 ありがとう、セイバー」 穏やかに、優しげに アイリは微笑む。

八話 舞弥 治癒 d732f5c6 アイリは舞弥の治癒を始める。
八話 アイリ 治癒 5593cd4c 「切嗣を守る者は私だけじゃない、そうよね舞弥さん? 次こそは きっと勝とう、二人で切嗣を守り抜こうね」 心の中でアイリは舞弥に語りかけるのだが・・・

セイバーさんが仲間外れになっとるぞ?

でもまあ、セイバーが切嗣を守りたいとは思わないしな・・・アイリも判っているかもな。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
八話 アイリ 1fdb6cf1 八話 舞弥 2d6af398 この二人の関係って何なんだろうね?
舞弥は切嗣の愛人・・・とは、ちとニュアンスが違うみたいだ。

アイリは舞弥を信頼し切っているみたいだ。


スポンサーサイト