迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
基本読専門

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『魔術師殺し』 Fate/Zero 第八話 1
Category: Fate/Zero  
Fate の感想は、いつも長くなる。 今回は特に長いので、3回に分けます。
うまく まとめられんから こーなるンだ、文章力ないんだな・・・・・・

3つの戦いが並行して進む 第八話、まずは切嗣 vs ケイネス戦から

八話 切嗣 97a79887 八話 切嗣 3e4b3a19 銃撃を繰り返す切嗣、ケイネスは“水銀”で防御する。
八話 ケイネス 0dbf9345 ケイネスは余裕綽々だ、銃弾など何の意味もない。
八話 切嗣 01786b07 ここで切嗣は、例の単発銃を取り出す、そして・・・
八話 ケイネス d1968f89 八話 ケイネス  7c53df0b 放たれた銃弾は“水銀”の防御を突破し、ケイネスを貫いた。
うわあ、何か物凄い場面だ、血肉が吹き飛んでいる。

八話 ケイネス  697fb7f6 「私が油断しただけだ」 切嗣の使用した銃弾には特殊な効果があるのだが、どうもケイネスは気づいていないみたいだ。
八話 ケイネス ca9f397d 「魔術師の面汚しが、下賤のクズが! 私の血を流すとは・・・思い知らせてくれる!」 魔術師・ケイネスにとって、切嗣の戦い方は許せないものだったのだ、彼の怒りは頂点に達し 冷静な思考ができなくなっている様である。
切嗣の術中に嵌っている。
このヒトには騎士道精神みたいなものは無いと思われるが、魔術師としてのプライドは やはり高く 戦いに於いても魔術師ならではの習いに基づいた競い合いでなければならないと思っているらしい。
それを悉く踏みにじる様な戦い方をする切嗣が心底 許せないと見える。
それ故の怒りの大きさが、彼を破滅させるのである。

八話 切嗣 8ecd599a 「次は渾身の魔力を注ぎ込んで防御してくる筈だ。 いや、そうであってくれなければ困る」 切嗣は一撃で仕留められなかった、それは次の攻撃が より一層 困難なものとなる事を意味する。
しかし それは計算の上での事だったみたいだ。
切嗣は、わざと外したと思われる。

八話 ケイネス 99358796 「下らん、私は この様な戦いをする為に聖杯戦争に参加しているのではない!」 切嗣は様々なトラップを張っていた、それがケイネスの苛立ちを更に引き上げている。
これは、心理戦の効果がある。
八話 ケイネス ba03f39c 八話 ケイネス 6447ea11 八話 ケイネス d6090179 「最早 楽には殺さぬ。 肺と心臓を治癒で再生しながら、爪先から じっくり切り刻んでやる!」 エグイ事 言ってンなあ、完全にキレちゃってるよ。
でも、龍之介&キャスターの鬼畜コンビに比べれば まだまだクールじゃないね。

八話 切嗣 28c99017 ケイネスの演説が一区切りついたところで、切嗣の銃撃が始まる。
そしてケイネスは防御を張る。 渾身の魔力の籠った防御だ、当然の如く弾を弾く、しかし・・・
八話 切嗣 o0720040511621038879 単発銃が火を吹く、切嗣は不敵な笑みを浮かべた。
八話 ケイネス 血 546e569c 八話 ケイネス 血 cd946a76 八話 ケイネス 血 787623bb 銃弾は防御を突破、ケイネスを貫いた。
凄まじい形相となっている、尋常でないダメージだ。 単発銃の銃弾には如何なる効果があるのか?

これは切嗣の過去の記憶らしい、一人の女性が切嗣に話しかけている。
八話 切嗣 記憶 155a4594 「坊やの起源は切断と結合、切って繋ぐ・・・破壊と再生と呼ぶには些かニュアンスが違う・・・一度 切れて結び直した糸は結び目だけが太く変わるだろ? そんな風に不可逆の変質と云う意味合いを込めてある」 ううむ、何か哲学的・・・
八話 切嗣 記憶 弾丸 ff7e1cdb 「この弾丸には坊やの肋骨を粉状に すり潰して入れてある。 これで撃たれた対象には坊やの起源が具現化する」 肋骨を引っこ抜いてあるのか! うわっ、痛そう・・・
八話 切嗣 記憶 62992e32 「こいつは魔術師には脅威だ、何しろ この弾丸に魔術で干渉すると坊やの起源のせいで魔術回路が壊れてデタラメに繋がる。 魔術師として優秀であればある程、魔術回路は暴走しショートする。 当然 相手は再起不能だ、魔術師としても、人間としてもね。 これが坊やの霊装・『起源弾』だよ。 全部で 66発、大事に使うんだね」 骨身を削るとは、正にこの事だ。
八話 ケイネス 血 d9a6f3a2 相手が優秀であればある程 効果を発揮する・・・正にその通り、ケイネスは倒れた、存在の根本を破壊され尽くしたと云った感じだ。

戦いと云うものは、事前にどれ位の準備をするかで結果が左右される側面がある。
切嗣は かなり昔から(少年時代だな)準備していたみたいだ。
ただ、『起源弾』が聖杯戦争の為だけに準備されたものかどうかは、自分は知らない。
違うのかな・・・随分と昔みたいだし、アインツベル家に迎え入れられる かなり前だったろうし・・・

彼の人生の意味と云うか、目的の根本に関わっていそうだが・・・違うか?

さて、最早ケイネスの命脈は尽きたかに見える。
ランサー陣営の敗退は決したか?

次回、セイバー+ランサー vs キャスター編に続く・・・


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。