迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
基本読専門

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


甲鉄城のカバネリ 最終回
Category: 甲鉄城のカバネリ  
0 美馬 通信
怖がりなこの人は他人も全部自分と同じだと思ってたよう。実際 カバネの脅威に脅かされた武士や民人は甲鉄城の人々に当たり散らかしていた。それは恐怖に負けた人間の浅はかな姿である。そのさまを目の当たりにしたのなら、この人はほくそ笑むだろう。ただし、それは乾いた悲し気な嗤いだ。
目的を達したこの人はもはや未来のことなどどうでもよかったようだ。部下に脱出の手配をするが、特に興味もなさそうに見えたので。

0 生駒 アップ 左目 炎
だが自分に向かってくる生駒を目撃した時、何かが胸を過ぎったに違いない。

0 美馬 生駒に剣を
戦いに臨む美馬は何処か嬉々としていたようにも見えた。それは幾ら傷つけられても立ち上がる生駒の中に、真の強さを見出したからなのかもしれない。

0 生駒 美馬に貫き筒を放つ
0 美馬 手前に倒れている生駒
0 美馬 アップ 叫ぶ 生駒を刺そうと
倒れた生駒に銃撃を見舞い、尚立ち上がって戦えと叫ぶさまは、ある意味慟哭であり渇望だと言える。
この人は生駒に息の根を止めてほしかったのか、或いは力の限りを尽くした戦いを味わいたかったのか?
生駒に対して見せた有り様は執着を思わせ、自身にない強さを感じ取った嫉妬、或いは憧憬だったように思える。

0 無名 アップ 美馬を刺す
0 無名 美馬を刺す 遠景
0 無名 崩れ落ちる無名を抱える
0 美馬 アップ 静かな笑み 無名に刺された後
だが結末は無名によって訪れた。
穂積だよ、という言葉は「兄様」への決別を意味する。聞く美馬は奇妙に静かに微笑んでみせた。
彼はずっとこんな結末を望んでいたのかもしれない。親を憎み、憎んでも憎んでも収まらず、修羅の生涯を歩んできたのだ。それは彼をおぞましい狂人に変え、その「弱さ」を自覚するが故に、こんな最後を迎えるのだろうと予感するようになっていたのかもしれない。或いは、迎えたいとする願望を抱いていたか。

0 無名 融合群体の核
0 生駒 美馬の部下を殺す
0 無名 幻想 アップ 怯える
0 無名 幻想 生駒を象徴する蝶
0 無名 倒れたままの生駒の手を握る 来栖 叫ぶ
0 無名 アップ いっぱいお米を食べる
0 無名 脱出 ちょっと邪魔
0 無名 しゃがみ撃ち
0 無名 アップ 横 甲鉄城の仲間を見て
0 無名 生駒を担いで投げる 来栖
0 菖蒲 アップ 来栖の頭
0 来栖 赤面 手前 菖蒲
0 生駒 ラスト
0 無名 アップ ラスト 笑顔 
「甲鉄城のカバネリ」
当初はその劇場版レベルの絵のクォリティと絶望感を漂わせる展開に痺れ、禍々しさを漂わせるカバネリの姿に惹かれた。ホントは弱いのに健気に振る舞う無名や何処までも真っ直ぐな生駒、愚直なまでの忠義を見せる来栖、頼りなさそうだったけど段々と凛々しくなっていった菖蒲、そして鰍や侑那、巣刈たちは皆 魅力的だった。
美馬が登場してから、どうしてもあの人に感情移入できなくてちょっと心が離れかけたが、最後は何とか締めていたのでよしとする。
逞生は亡くなったけど他は生存だし、カバネの問題は全く解決していない。これは二期を作ろうと思えば作れそうだ。どうなるか不明だが、作ってほしいな。

0 鰍 菖蒲 他 受け取るため
このシーン、ファーストガンダムのラストを思わせるな。同じ意見の人は多いみたい。





0 生駒 克城に手を 光
0 生駒 エネルギーを放射した後
謎のエネルギーを放射して駿城を吹き飛ばしてしまった。これは滅火の剣士ビー……もとい、光線と同じものだろうな。黒血漿で活性化したカバネリはかなりの熱エネルギーを起こし、衝撃波すら発する攻撃が可能となるらしい。

0 生駒 アップ 下を見る 苦しそう
だが消耗は激しく生駒は常に意識不明の危険を孕む。また最後には目が見えなくなるという事態に陥っていた。強大な力には、それに見合う代償があるってことだ。

0 美馬 アップ 生駒に叫ぶ 戦え
美馬はカバネリだったんだな。何の説明もなく逝ってしまったので、何だと思ったが、考えれば十分に有りうるか。九州遠征から十年間を無傷で生き残るのはやはり難しかったようだ。ただ、どうやつてカバネリになったのかは不明。生駒みたいなやり方か、それともあの科学者に処置してもらったのか?
ところであの科学者、どうなった?

0 生駒 来栖 操車場を歩く
生駒たちがどっかに置いてったのか?
その後、どうなったのか全く不明だが、しぶとそうなキャラに思えるので生き残っているのかもしれない。二期があるのなら再登場するかも。生駒たちのメンテナンスにも必要だと思えるし。

0 無名 起きてよ 生駒に
0 生駒 アップ 回復
生駒が回復したのはいつのまにか身体に白血漿が撃ち込まれたかららしい。状況から言って生駒が倒れている時に美馬が撃った一撃だと思われる。何故そんなことをしたのかは不明。強いと認めたから助ける気になったのか、「戦え」と言っていたところから、回復させてまた戦うつもりだったのか、今となっては判断できない。

0 来栖 カバネの群れを迎え撃つ
超人が何人も出てきたカバネリだが、一番はこの人だろう。
だってただの人間なのにカバネの群れを撃退したし、狩方衆など物ともせずに悉く始末していたし、こいつこそがこの世界の最強なんじゃないか? ツンデレだけどw
当初は嫌なヤツにしか見えずサッサと逝けよと思ったものだが、回を追うごとに印象がよくなってきたな。ツンデレだけどw

0 美馬の部下 アップ 邪魔はさせん
0 少年 命を受ける
このヒトたちは何故 美馬みたいな狂人に付き従ったのか? しかも命すら懸けて。結局最後まで納得ゆく描写がなかったので、この点は大いに不満だ。
下の少年はどうも美馬や仲間たちのやり方に疑問を感じていたような気もするが、よく分からん。ただ、彼は生き残って甲鉄城に乗り込んでいたので二期があるとしたら、そこで活躍するかもしれず、美馬に従った理由も明らかにされるのかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 甲鉄城のカバネリ    ジャンル : アニメ・コミック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。