迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
基本読専門

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
感想いろいろ
Category: アニメ  
2016年、冬季は(前期から引き続いてだが)オルフェンズの感想ばかりで、他は殆ど書いていない。GATEを回書いただけか。でも観ていた作品は他にも幾つかあったので、ここでまとめて。

落語 二期決定
昭和元禄落語心中
落語というものは大して興味もなく、見に行ったこともなく、つまり興味はなかったが、この作品を見て、「おおっ、粋だなぁ」と思った。
古き良き時代の、昭和の、そして江戸情緒の溢れるキップの良さが流れていて、いいなぁと思った。
落語のシーンは結構本格的で時間も取って描いていたが、コレ、プロの人が見たらどう思ったんだろう? 素人目にはちゃんと落語やってたように見えたけどね。あと、気怠そうな主題歌が秀逸w 作詞作曲が椎名林檎だと知って妙に納得しちまったw
二期もあるようで、楽しみである。

おほほ クェンサー
ヘヴィーオブジェクト
おほほの正体を知った時、クェンサーと同じ気分にw でも一部の人たちは逆に喜んだだろうw
強大な敵を知恵と工夫で何とか打倒するという話、最強の武器は人間の知恵だという教訓。
ところで時々戦争の悲惨さを感じさせる描写があったが、だからこそ主人公たちのドライさが妙に気になった。結局彼らも戦争に慣れてしまって心が擦り切れているのだろうか、などと思ったが、作中にそんな描写はなく、よく分からない。
その辺を突っ込むと重い話になってしまい、視聴者的には受け入れられないだろうとは思うが、何らかの描写はほしかったような……
あと、色々と未解決のような気がするので、二期はあるのか?

最期
シュヴァルツスマーケン
マヴラヴシリーズの新作。トータルイクリプスのこともあるので、色々と不安を抱きながら観ていた。そして不安は……、別の意味で的中。
正直言って際立った面白みは感じなかった。相変わらずBETAさんは空気だし……
こんなんならトータルイクリプスの方がよっぽどいい。何だかんだと言ってネタにして楽しめたからな。今回はネタもなかった。
このシリーズ、設定はいいんだし、もっと上手く活かせる物語を創ってほしいんだがな。次に期待としよう。

ルパン三世 ラストシーン
ルパン三世
イタリア編ってトコか。う~ん、シャレてましたな。深夜帯のお蔭がルパンの大人なカッコよさが存分に発揮されている。変なエロに頼らず、ダンディを貫いていた。
にしても栗貫、完全にルパンに成り切ってるな。

ファントム2
無彩限のファントムワールド
揺れる! とにかく揺れる! それに尽きるw
んで、水着回がブルーレイの特典だとか。買うしかないだろ!




白箱 ドリームボール
SHIROBAKO
再放送だが、ずっと観ていた。まだ放送は続いている。
画像のコレ、元ネタは「野球狂の詩」、水原勇気のドリームボールだ。
これはフォークボールの握り(クラウドフォークと呼ばれる握りと同じだとか。縫い目に指を当てるので普通のフォークとは少し違う。ナックルに匹敵する無回転ボールになるそうだ)で、ボゥリングの投球フォームで真下から投げるもの。打者の手元で一旦ホップして、その後揺れながら落ちる変化球だ。原作の水島 新司によると、江本 孟紀(東映(現日本ハム)→南海(現ソフトバンク)→阪神など。現野球解説物者、タレント)の変化球を元にしたものだそうだ。

白箱 小笠原のフォーム
因みにこれは小笠原 道大(日本ハム→巨人→中日。現中日二軍監督)のバッティングフォームが元。
大元は落合博満(ロッテ→中日→巨人→日本ハム。現中日GM)のフォームになるだろう。

白箱 小笠原 本物
見比べるとよく分かる。
感想なのか、コレw
スポンサーサイト

テーマ : 2016年新作アニメ    ジャンル : アニメ・コミック