迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
基本読専門

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第25話
Category: 鉄血のオルフェンズ  
25 バルバトス オルガ 三日月 夕陽
ここ数回の絶望的な展開のせいか、もう全滅エンドしか見えなくなっていたが、その悪夢は見事に回避!
何とかハッピーエンド的なゴールに辿り着いた。ちょっと生ぬるく感じてしまったのは、前回の絶望感に当てられてしまっていたせいだ。でもこのハッピーエンドは一時的なものなんだな。

25 マクギリス アップ ガエリオに言い放つ
25 ガエリオ アップ 絶望の叫び
25 マクギリス機 右手剣
25 キマリストルーパー コクピットに剣
25 キマリストルーパー 残骸
ガエリオにとっては余りにも過酷で、絶望すら生ぬるいと言いたくなるほどの奈落の末路が待ち構えていた。
カルタへの情報提供、アインに対する阿頼耶識化、それは全てギャラルホルンとセブンスターズの三家(イシュ―、ボードウィン、ファリド)を手中に収めるためのもの。人の心と尊厳を踏みにじる卑劣なる所業を、友と信じた男によって為されたのだ。自身が陥れられた嘆きと共に、愛する肉親(妹)の未来がその裏切り者の手に握られてしまう恐怖……、心中を逆巻く<怒りはいかばかりか。だが声は届かず、望みは叶わず……、清廉なる男は凶刃に倒れた。
コクピットを見事に一突きしているので、どう考えても終わりに見えるが、このアニメ、死の瞬間がしっかりと描かれていないと(カルタや昌弘、オネェ、クランク二尉などはしっかりと描かれていた)生存の可能性が高いので、もしかしたら……、と一縷の望みを抱く。幾ら何でもこれは可哀想すぎる。

25 マクギリス コクピット 語る
嘯き、勝ち誇ったような言い方をしていたマクギリスだが、何処か虚ろで寂しげなところもあった。彼は目的を果たしつつあるのだが、そこに歓喜はないらしい。何故ならば彼の行動の根源にあるのは怒りだったからだ。それは身も心も焼き尽くす破滅的なものなのだろう。
心から友と抱いた者たちを自ら切り捨てても尚、やめられないほどの怒りとは……?
やはり幼少時の体験が影響しているのだろう。その詳細は二期で語られるに違いない。

25 マクギリス アルミリア 抱き合う
ふっふっふっふ、これで我が幼女ハーレム構築の障害はなくなった。あとはクッキーちゃんとクラッカーちゃんだな。アトラちゃんはちょっと歳がいってるけど、まだ守備範囲かな? クーちゃん以上は論外さw
左手をよく見てくれ。アルミリアの……

25 グレイズアイン 目が光る
25 グレイズアイン 戦斧を振りかぶる バルバトス 防御姿勢
グレイズアインの狂気、それは味方であるはずのギャラルホルンの兵士にも悪魔の如きものに映った。この有り様もまたマクギリスの望んだもの。ギャラルホルンの歪みの象徴として民衆の心に刻まれるのだ。グレイズアインの狂乱はフリュウの失脚とマカナイの復権の後押しとなり、そしてイズナリオもまた失脚へと追い込まれた。

25 アイン コクピット 背中
25 アイン コクピット 横
アインの絶叫は正に狂人の如く猛り狂っていたが、ところがコクピット内の彼は静か。と言うか、抜け殻だ。思考の出力が全てモビルスーツに移っているようで、その状態が狂気を加速させていると思われる。

25 バルバトス 破片
25 三日月 アップ 目 コクピット
バルバトスは追い詰められる。だが、三日月自身に変貌が起きる。

25 三日月 アップ コクピット お前の全部をよこせ
25 三日月 右目に血
25 バルバトス グレイズアインの腕を斬る
25 バルバトス グレイズアインの胸部に突き
25 バルバトス アップ ラスト
三日月の叫びに応えたのか、阿頼耶識に何かが起こる。バルバトスの反応速度がうなぎ登りに上昇し、グレイズアインを圧倒してしまった。まるでパイロットの意志が接続レベルの上昇を引き起こしたかの現象。これは三日月の才能なのか? いや、バルバトスの――と、言うよりガンダムフレームの特質なのかもしれない。パイロットの意志なり思考が一定のレベルを越えると接続深度を上昇させるシステムでもあるのかもしれない。言わば後天的にアインみたいな状態にするようなもの。つまり……

25 三日月 右目が見えない
25 三日月 右手が動かない
意識が次第にモビルスーツに奪われてしまう?
これからもバルバトスで戦闘を続けるとなると、いずれ三日月は全身の感覚を奪われてしまうのかもしれない。そして最終的にはバルバトスから離れられなくなってしまうのかもしれない? つまりアインと同じ状態だ。
やはりハッピーエンドとは言えないな。

25 オルガ 右手を
25 三日月 左手を
25 三日月の左手とオルガの右手
二人の結束を表す絵だ。最初のOPを彷彿させる。前向きなものだが、決して安穏とはできない。

25 火星 メイス ラスト
ここで終わる。だが完結ではない。
この半年、これ程に首筋をビリビリさせてくれたアニメは久々だった。禍々しさすら感じさせた少年兵たちの姿に、違和感を感じつつも惹かれていた。決してマイルドになることなく、最後まで尖り続けた描写には拍手だ。二期ではどうなるのか? 変にマイルドにならず、ドンドンと突っ走って行ってほしいものだ。




25 ラフタ アジ― ヤマギ シノ エイコ
しっかりと生き延びていた人々。身体欠損もない。この世界のモビルスーツってホント頑丈だ。コクピット回りは特に強靭なのかもしれない。

25 アジ― 先週の
アジ―さんは身体も頑丈なのかもしれない。この絵を見るに、頭部が肩口に陥没しているかと思ったものだ。もう一巻の終わりだと思ったんだが、結構軽傷のようで。どうなってんでしょうね?


25 名瀬 ラフタとエイコを抱きしめる
25 アジ― アミダ
この後のアジ―さんの可愛いこと、可愛いことw

25 クーデリア アトラ なでなで 三日月 動画
再びこんなホンワカシーンが見られるとはなw
先週までのあの雰囲気からは想像もできなかったわ。

25 クーデリア アップ 演説
で、クーデリアさんだが、彼女の革命はまだ入り口に立ったところに過ぎない。その苦難は今後、更に酷くなっていくだろう。
火星の独立はまだだろうし、ギャラルホルンの弱体化に従って各経済圏の軍拡競争が始まって、宇宙では更に加速するらしい。二期では経済圏間の本物の戦争が始まって、太陽系動乱とでも呼びうるほどの戦乱の状況になっているのかもしれないな。
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ    ジャンル : アニメ・コミック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。