迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
基本読専門

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第17話
Category: アニメ  
17 炎竜 火焔
まるっきり怪獣映画w 大スクリーンで観たい気分。
炎竜との決着が描かれた第17話だったが、ダークエルフたちの全滅とか(ヤオ除く)、ジゼルという新たな使徒の登場とか、テュカの立ち直りとか、最後の自衛隊無双wとか、色々あったが、個人的に一番はコレ。

17 レレイ このトカゲ野郎
身体は剣で出来ている。

17レレイ 魔力を
いくぞ炎竜、武器の貯蔵は十分か?

17 炎竜 剣
Unlimitted Blade Works!

いや、まるっきりFATEに見えてねw 原作者はFATE好きだって話を聞いたことがある。作中でもコードネームに「アーチャー」とか「セイバー」とか使っていたな。あと、伊丹の中の人とかw
それでレレイはアーチャークラスに覚醒なのか? エヘッと笑ったり、「このトカゲ野郎!」と叫んだり、何とも攻撃的になったりして。今までのクールキャラは何処へ? 
ま、ともかく、没後は英霊として召喚されそうですな。

17 テュカ 雷撃
18 炎竜に雷撃
テュカの雷撃系魔法。天候にすら作用するらしく炎竜を身動きできなくさせた。そしてC4を誘爆させ、炎竜を葬ることができた。
しかし凄い威力だな。某ダーク・シュナイダーを思い出すw
で、思ったのだが、この魔法を最初から起爆スイッチにしていれば、ダークエルフの皆さんも犠牲にならずに倒せたのでは……と。
しかしこれはテュカ自身の気持ちの問題が大きく、現実の認識とか、炎竜への怒りとか、色々と克服すべきものがあったのだ。だから後でどうこう言っても、それは酷と言うものだ。テュカの心の傷は、それは深いものだったのだ。
しかしC4 74㎏の破壊力ってバネェな。ミリヲタじゃないのでイマイチピンと来なかったが。凄さは伝わった。

17 ジゼル 驚く
これで終わりかと思ったら、まだあった。ジゼルという使徒の登場。このヒトはハーディという神の配下らしい。ハーディはロゥリィを妻に迎えるためにこのヒトを差し向けてきたようだ。実に唐突な登場だったが、ハーディのことは以前にも語られていた。

18 ロウリィ ボロボロ
伊丹たちが炎竜と戦っていた間、ロゥリィと一戦交えていたらしく、彼女に大ダメージを与えていた。
強えぇーっ、と思いきや。ロゥリィは伊丹のダメージを自分の身に受けていたようで、本調子には遠かったらしい。
どうやら炎竜と戦っていた間の伊丹、実際は死んでもおかしくないくらいの傷を負っていたらしい。それが全てロゥリィに向かっていたようで、その結果がこの画像。うーん、エロイね。
ジゼルは子炎竜をけしかけてケリをつけようとしたのだが……

18 空自 空対地ミサイル
17 攻撃ヘリ
17 特科 着弾
ここで自衛隊がタイミングよく登場。航空支援と特科による火砲の集中で瞬殺しちまったw
この自衛隊の火力はジゼルにも信じられないものだったらしく、ひたすら驚くだけだった。どうやら現代軍事力の実力は神々の使徒にも恐れを与えるものらしい。

17 ロゥリィ ヘリ
とにかく自衛隊無双で締める。これがこのアニメの醍醐味である。
しかし観ていて思ったのだ。自衛隊はエルベ藩王の許可が貰えたのでここまで戦力の投入ができたのだが、この同盟(みたいなもの)が成立した時点で伊丹に連絡を取るべきではなかったのか? 最後の伊丹の驚き方から見て、何の連絡も届いていなかったと思われる。無線機の不調? 違うだろうな。
あらかじめ連絡調整をしておいて、討伐隊の出発を自衛隊の到着に合わせておくべきだったのではないか? それで連携して炎竜退治に向かえばダークエルフたちの犠牲は皆無にできたのかもしれない。


18 ダークエルフ 喰われる
たら、れば、なので断言できないが、犠牲になった方々が不憫で……





17 テュカ もう慣れてる
ともかくも宿敵・炎竜は葬った。
早かったなぁ。「炎竜編」て言うから最後まで引っ張るかと思ったが実質二回で決着ついたよ。
次回からは帝国との決着かな。あの獣耳のヒトのこととか、バカ王子とか、それからハーディ本人も出て来るのかな?
やること多いなぁ。あと七、八回くらいだと思うが、全部描けるのだろうか?
スポンサーサイト

テーマ : 2016年新作アニメ    ジャンル : アニメ・コミック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。