FC2ブログ

迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
基本読専門

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
観ていたけど感想書いてなかったシリーズ Charlotte 追記アリ
Category: アニメ  
0 友利
円盤の宣伝で「能力者を襲う過酷な運命」と言っていたけど、当初はお気軽な学園コメディに思えた。友利のお兄さんの運命は過酷だったけど。
ところが妹の歩未が死んでからの展開ときたら、怒涛の転落……!
そこから立ち直ったかと思ったら今度はタイムリープ! 何度も何度もやり直したなんて、普通なら心が擦り切れてしまうだろう。
それでも歴史の改変に成功し、更に兄の能力を貰って(略奪)歩未の死を防ぐのに成功。これで大団円……、かと思いきや!
略奪という最強の能力を求める組織に狙われ、友利と熊耳が人質にさせられてしまった。救おうとしたが歩未から奪った「崩壊」が暴走して熊耳を死なせてしまう。
これでもか、これでもかと連続する過酷なる運命。鬱展開を嫌うと言われる最近の若者の心をも削りかねないような展開。これが更に続くとなると、こりゃへヴィだなと思ったものだが。
これは最終回で解消されていく。

0 有宇
とは言えこの最終回、有宇が一人で世界中から能力を奪い続けるのだが、これもまた何と難儀なものか。やはり心が押し潰されてしまう。
それもしかし、何とかやり遂げるのだが、記憶は消失。オイオイ、どこまで対価を要求するんだよ。
だが迎えた友利たちはあくまでも優しく、応える有宇もどこか安堵しているところを見て、こっちもホッとしたものだ。

0 みんな
常に立ちふさがり、或いは追い立てる能力という運命の縛りからの解放は静かな爽快感を生んだ。
で、有宇も能力を失ったんかね? 能力を奪いすぎると消失しなくなるなんて悲劇も予想したのだが……
まぁ、いくら何でも過酷過ぎるよな。




0 ギアス
ギアス発動って感じ。

以後追記
しつこいと思われるのも嫌だったので書かなかったけど、やっぱ気になるので書いておく。
このアニメ、気になる点がてんこ盛りだったんだ。
まず隼翼のタイムリープ、この能力行使によって過去が改変されるのだが、では元の世界がどうなるのか? 明確に説明がなかったので気になっていた。
元の世界は消滅するのか、過去の改変によって上書きされるのか(以上、直列宇宙論)、或いは分岐が起こって並行世界が生ずるのか(並行宇宙論、若しくは多世界解釈)?
有宇を捕まえようとした組織の連中の言いようからすると多世界解釈を信じているようだが、それは確固たる科学的解釈に基づくものなのか、そして観測できるものなのか? 何の説明もなかったので分からん。
もし多世界解釈が成立しているのなら、元の世界に残された者たちには何の救いもないことになる。苦痛に満ち溢れた世界に生き続けるしかない。なのに何故彼らは送り出したのか?
世界線のメカニズムをよく理解していなかったのか、或いは直列宇宙論が正しいと信じていたのか、それとも途轍もない自己犠牲の故なのか、判然としない。
せめて別の世界で幸せになってくれ(自分に相当する存在はあるが、それは"この"自分ではない)と祈るだけだったのだろうか?
制作サイドはこの辺明確にするつもりがなかったのか、それとも考えナシだったのか?
気になって夜も寝れん。
しつこいね、我ながら。

あと最終回なんだが、幾ら最強の能力者と言っても高校生一人を世界一周(略奪)旅行に送り出すなんて、無茶もいいところだ。
通訳とか護衛とか"その道"に通じたプロを雇うべきだと思うのだが、大人は信じられなかったってトコか?
有宇は最終的に超俺TUEEEEEE!! になったけど最初はまだまだだったろ。色々と綱渡りをしてたんだなぁと思える。
ちょっと強引じゃないかな。もう少し納得できる設定なり演出なりを織り交ぜてほしかった。

それからZHIENDのボーカルの人、有宇の記憶の回復や友利の兄の回復のきっかけになったとか、重要な役割を果たしていたが、タイムリープ展開以降はコロッと忘れ去られたみたいになって、最後まで再登場しなかった。
これは勿体ない。有宇たちとっと関わらせれば物語に厚みができたと思うが、尺の関係か、或いは監督が忘れたか?

それと……、疲れてきたのでやめよう。
ともかく、色々あるけど、それでも楽しめたのは事実です。
スポンサーサイト



テーマ : Charlotte(シャーロット)    ジャンル : アニメ・コミック