迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
基本読専門

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


魔法科高校の劣等生 第12話
Category: 魔法科高校の劣等生  
12 達也 ドヤッ
戦闘だけではない。
技術者として、アナライザーとして、達也の優秀さが発揮された話でしたな。

12 しずく アップ
12 ほのか 笑顔で はいっ
人気者の達也君、雫やほのかだけでなく他の選手にも頼られるようになったみたい。
その為かかなり忙しくなったようで……
だが文句も言わず彼は働き続けていた。
ウム、俺SUGEEEEEE! に奢らず、謙虚なところがファンを増やしているようですな。

12 達也 摩利のところに行く 深雪 ほのか
12 達也 応急処置を支持 摩利 気絶
12 摩利 達也が助けてくれた事を知り赤面
このヒトも堕ちたみたいで……w
でもこのヒト、彼氏がいた筈だが?

12 摩利 アップ レース
12 摩利 七校選手 転倒
12 摩利 七校選手 キャッチ バランスを崩す
さて摩利だが、レース中に何らかの妨害があったらしい。
競っていた七校の選手のコーナーでの有り得ない加速、キャッチしようとした摩利の足元水面の不自然な陥没、これが第三者による魔法の干渉だと云うのだ。

12 達也 目 アップ 第三者による妨害
ここで達也のアナライザーとしての半端ない能力が示される。
彼は推測する。

12 技術スタッフ 先輩
12 美月 幹比古 呼ばれる
精霊のような非人間的存在を水中に潜ませ、摩利達がコーナーに差し掛かった時、水面を陥没させたのでは?
但し精霊魔法を使う幹比古に言わせると、然程効果を及ぼす魔法を発動できないとか。

また七校選手のCADにも細工が加えられていたらしく、それが異常なコーナーでの加速を生み出していた。
これは競り合うだろう摩利と七校選手を同時に潰す結果を生みだしている。
しかし具体的な手段までは判っていない。

12 CADいろいろ
CADの細工に関しては、大会運営スタッフが怪しいと達也は睨んだ。

さて、色々ときな臭くなってきた。
誰が、何の目的で、そして如何にして妨害したのか?
以前から警告されていたテロ組織と関係あるのか?

単なる競技大会に終わる訳がないのは判っていたが、注目である。




12 スピードシューティングの説明 2
雫のスピードシューティングの解説、細かかったなぁ。
今までこのアニメでは魔法シーンがあると必ずと言っていいくらい解説があったが、今回は特に細かかった。
設定厨が喜びそうな解説でしたな。
で、これって広範囲(6mくらいの範囲)に振動フィールドを複数展開させて、得点有効範囲内(一片15m)に飛び込んだ的を破壊したって解釈でいいのかな?
達也オリジナルの魔法になる訳で、雫の処理能力があって初めて実現したものらしい。

12 七草 気が付いた
因みに、七草会長の魔法とは真逆になるらしい。
つまり会長の魔法は、狭い範囲に魔法を集中させて撃つ訳か?
ピンポイントで精密狙撃する魔法になるって事かな?
魔弾の射手、なんて言っていたし。

12 しずく 家で雇われない
「家で雇われない?」
何を言いだすんだ?一瞬、変な想像してしまったw
この娘、かなりの名家の子らしい。

12 深雪 感激
深雪は本戦のミラージュバットに出場する事になった。
必ず優勝できると言った兄に感激する妹……
相変わらずラブラブでしてw
スポンサーサイト

テーマ : 魔法科高校の劣等生    ジャンル : アニメ・コミック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。