迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
あっちに行ったり、こっちに来たり…どーなるんや?

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宇宙戦艦ヤマト 2199 第9話
Category: ヤマト2199  
9 アナライザー オルタ 甲板上 恒星
今回は SF してましたな。

機械は心を持つのか? 生命 足り得るのか?
SF では古典の時代から飽きる程繰り返されてきたテーマだ。
ある意味、使い古されたテーマだ。
しかし脳科学や、制御工学(サイバネティクス)、知識工学などが発達している現代ではリアルなテーマともなっている。
決して色褪せてはいない。

しかしヤマトでやる…それを みんなはどう思うのだろうか?
出渕め、またパクッたか? …とか……
色んな SF作品からエッセンスをチョコチョコ拝借して、継ぎ足しただけの代物に過ぎんわ!
オリジナリティがないとか、後だしジャンケンだ!
……なんて非難する声もあるみたいだ。

しかし俺は非難しない。
そもそも こういうテーマが好きだと云う事もあるが、使い古されようが何だろうが、意味のある題材だと思う。
しっかりと描写しているとも思う。

9 アナライザー オルタ 手と手を
9 アナライザー 甲板上
9 オルタ 甲板上
9 アナライザー オルタ 初期化されました 再起動不可能
オルタとアナライザーの交流…擬人化されすぎていてベタなんだが、判り易くする効果はある。

9 アナライザー オルタのオイル
機械は心を持つのか?
作中で、はっきりと明言しなかったが、“ある”ように描かれている。
安易な描写かもしれないが、視聴者に訴えるには一番 判り易い手法だ。
それを批判する声もあるだろうが、自分は これで良いと思う。

9 伊東 心があるとでも
9 真田 自殺するかもしれない
9 アナライザーに映る 真田 保安部長 岬
私には君に心があるのか、判らないのだよ……
機械に心など宿る筈もないと言い切る伊東に対する真田の台詞、皮肉を並べているようにも見えるが、これは科学者としての正直な見解なのだろう。
“心”とは何か?
人間の場合はニューロン発火の連続だ、膨大な情報の やり取りによって実現する複雑精妙なパターンである。
ならば機械にも…その集積回路の中に、やはり膨大な情報の やり取りを実現できたとしたら……?
そこには“心”と呼び得る情報のパターンが生まれるのではないのか?

心とは何か、生命とは何か…現代の科学・哲学は確乎たる答を提示できない。
「攻殻機動隊」 でもやってましたな。
ヤマト2199 も同じスタンスらしい。
約180年先の未来だが、2199 の世界でも心の問題は解決していないらしい。

9 オルタ 機能停止
異質な生命の可能性を持っていたオルタ、交流したアナライザー……
それは宇宙に於いては、生命存在が多様である事を予感させる。
真に交流を果たしたのなら、人類の未来は また違ったものになったのかもしれない。
しかしオルタは初期化されてしまった。

いやぁ、SF でしたな、この分野に関心のない人には つまらない話だったのかもしれない。
しかし自分は好きだ。

9 女神
オルタが遭遇したと云う“女神”……

9 雪 航法装置を振り向く
9 雪 振り向く
何かの気配を感じて振り向く雪…視線の先には自動航法装置……

これってユリーシャ?
今回は結構 重要な伏線回だったかもしれませんな。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

作中に出て来たタイトルらしきものには元ネタがあります。

9 時計じかけのオレンジ 機械じかけの寓話
「時計じかけのオレンジ」 スタンリー・キューブリック監督の映画
小説が原作らしいが、読んだ事はない。


9 アンドロイドは電気羊の夢を見るか オートマタは電気羊の夢を見るか
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」 フィリップ・K・ディック著
「ブレードランナー」 の原作になるが、内容は かなり異なっている。
猥雑感に満ちた近未来世界を描いたのが 「ブレードランナー」 だったが、原作では極めて静的で無機質な世界が描かれていた。
機械と生命、現実と虚構の変容が描かれる。



9 われはロボット
われはロボット
「われはロボット」 アイザック・アシモフ著
言わずと知れたロボットSF の古典的名作、ロボット三原則は このシリーズで生み出されている。


9 流れよ我が涙、と警官は言った
流れよ我が涙、と人形は言った
「流れよ我が涙、と警官は言った」 フィリップ・K・ディック著
確か この作品も現実の変容が描かれていた話だった筈だが、読んだのが かなり昔なので忘れてしまった。
表題の“警官”は、作中に出ていたっけ?
出ていなかったような気がする。
記憶が定かでないので、断言できないが……

スポンサーサイト

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト2199    ジャンル : アニメ・コミック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。