迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
基本読専門

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようやく君は気がついたのさ 輪るピングドラム 第11話
Category: 輪るピングドラム  
十一話 りんご tv1316712831514桃果が死んだその日、りんごが生まれた。
だからこそ、彼女は自分が桃果の生まれ変わりだと思うようになったのだそうだ。

桃果はある事件に巻き込まれて、亡くなったのだと云う。
それは、16年前、地下鉄での事件だと云う・・・

16年前・・・1995年・・・地下鉄・・・・・・ !!

まさか、“アレ”の事を言っているのか !?
幾つかのコミュニティで、“その名”が出ていた。

Kasumigaseki_eki_1.jpg1995年 3月20日、東京の地下鉄で カルト宗教団体・『オウム真理教』による大規模化学テロ事件が勃発した。
世に言う『地下鉄サリン事件』である。
神経ガスのサリンを使い、多数の死傷者を出したこの事件は、大都市で発生した世界初の大規模化学テロ事件である。
その衝撃は世界を駆け巡り、各国の治安維持担当者を慌てふためかせたのであった。
警視庁による正式名称は、『地下鉄駅構内毒物使用多数殺人事件』である。

当時、どれ程 世情を騒がせたものか・・・まだほんの子供であった自分でも憶えている。
テロが起きた、この日本で・・・この国に戦場が出現したのだ。
親が真剣な顔をして言っていたのを、明確に憶えている。

事が事なだけに、軽々に扱える題材ではない。
本当にサリン事件を題材にしているのだろうか?
もしそうならば、制作スタッフの覚悟が垣間見える。

このアニメ、単なる娯楽に終わらないぞ?

衝撃は続く・・・

十一話 晶馬 1316712844779桃果の死は自分のせいなのかも知れない・・・
晶馬はそう言った。
晶馬と冠馬は、りんごと同じく事件のあった日に生まれたのだそうだ。

しかし、それが何故“自分のせい”になるのだ?

同じ日に生まれた子供など、他にも大勢いるだろう?
それなのに、彼は責任があると言った・・・

生まれたばかりの子供に責任などある筈がないだろう?
これは、彼等の両親に関わる事ではないか?

この物語の中で起きた“事件”もオウムみたいなカルト団体が引き起こしたものだとして、晶馬達の両親は、その信者だったのかも知れない。
もしかしたら、単なる一信者じゃなく、幹部が或いは教祖・・・?
実行犯の可能性もある。

ならば、責任・罪の意識を感じる事はあるのかも知れない。

そう言えば、冠葉は謎の人物から大金を貰っていた、何故貰えるのだ?
幹部、若しくは教祖の子ならば・・・元信者あたりの援助はあるのかも知れない。
それにしては、生活が慎ましやかに過ぎる様な気もするが・・・世間の目をはばかっていたのだろうか?

あと、第9話で陽毬が追われる様に学校を離れるシーンがあった。
あの時、何故そうなるのか、意味が判らなかったのだが・・・
出自が知れて、追い出されたと云う訳なのだろうか?

夏芽が冠馬に対して“16年前の呪い”なんて言っていたし・・・

この辺は全て勝手な妄想だ、外れる可能性は高いし、外れた方が良い様な気がする。

十一話 プリンセス 6a448062 十一話 プリンセス 7b4c32bf 十一話 プリンセス 1316712804681今回の生存戦略・・・重かった・・・・・・

オープニングの最後の方にも “95” と云う数字が出ていたのだが、その意味が判った。
16年前の事件の事を言っていたのだ。

この話、いったいどうなるのか?
もしかしたら相当にヘヴィな展開になるのかも?

かなり凄い事になりそうだ。


Mawaru Penguindrum Episode 11 投稿者 hitrkzyi35

それにしても、りんごは相変わらずだ。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 クリックなどして頂けたら、嬉しいです。
スポンサーサイト