迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
あっちに行ったり、こっちに来たり…どーなるんや?

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人類は衰退しました 第7話
Category: 人類は衰退しました  
7 わたし 大勢 お菓子製作 正直、結構 判り難い話だった。

7 サブタイトル どうも無限ループの話らしい。

7 わたし お菓子を妖精さんにあげる 妖精さんは、お菓子を沢山 食べたいのだが、“わたし”は一人しかいないので作る量には限界がある。
では、クローンは?
倫理的に問題があります、として却下。 妖精さんは“わたし”の意志を無視したりはしない、しかし・・・

自分達の欲望は必ず充足させるのだ。

そして始まる無限ループ。

7 おじいさん 横顔 迎えを頼む 7 わたし テリトリーに入られたくない 7 わたし 腕時計壊れている 手前 おじいさん 7 わたし アップ 腕日時計 7 わたし 手前に妖精さん 7 わたし バナナ食べる 妖精さん 石垣の上 7 おじいさん チャリオット 手前 わたし 7 女性 助手さんいなくなった 7 わたし 三人 会話 7 わたし 大勢 お菓子製作 俯瞰 7 わたし アップ バナナに滑る おじいさんから“助手さん”を迎えに行く様に頼まれる。
腕時計が壊れていて、代わりに腕日時計(随分と趣味な代物だな)を貰う。
途中、妖精さんに会ってバナナを貰い、食べる。
その後、チャリオット(最初“チャリ”と言ったものだから、自転車かと思ったよwww)に乗った おじいさんに遭遇、怒られる。
待ち合わせ場所に着くが助手さんは姿なし。 そこで女医さんに会い、彼女も助手さんを捜している事を知る。
手分けして捜す事として、“わたし”は森の中に入る。
そこで自分と同じ姿をした人物と出会う。
彼女達はお菓子製作に勤しんでいる。
バナナに足を滑らせて暗転、振り出しに戻る。

こうしてループするのだが、出来事は少しずつ変わる。

7 妖精さん 大勢 わたしの手 全ては妖精さんの仕業だった。
7 わたし 何に対して優しいのか 「何に対して優しいのやら」 方法は良く判らないのだが、時空を操作して ある一定の範囲の時間を繰り返させたと思われる。
しかも事象が少しずつ変化する事からして、“わたし”を並行世界に送り込んでいた様に見える。
更に、別々の宇宙に独立して存在している筈の“わたし”を一つの場所に集めている(それが木が等間隔に並ぶ森の中)。
集合した“わたし”は、共同してお菓子を製作するのだった。

7 妖精さん アップ 優しい空間 妖精さん、満足。
生命工学的クローンに因らず、時空間を操作して“わたし”の集団を集めるとは・・・!
何がなんでも自分の欲望を成就させんとする姿勢、そして実現させてしまう そのテクノロジー(?)・・・
見事だ、そして ちょっと怖い・・・

7 助手さん 犬 最後に助手さんと巡り合う。
これで判るのだが、今回のエピソードはピオン編の時よりも遡っているみたいだな。
何故 時系列順にしないのか? イマイチ判らないのだが、今回の様な展開を見ると、シリーズ全体も超時空的展開にしようとでも云う意図があるのだろうか?
・・・などと思ったり。
そー言えば、“犬”は何を意味するのか? 次回で判るのかな?

今回は、ちょっと押井守っぽかったな。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 人類は衰退しました    ジャンル : アニメ・コミック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。