迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
基本読専門

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Fate/Zero 第二十話 暗殺者の帰還
Category: Fate/Zero  
今日は金環日食でしたね。
自分の住んでいる所は、直前まで曇っていたのだが、何と金環状態に入る直前(ほんの数十秒前)に晴れたのだった。
おかげで しっかりと見る事ができた。
実に見事なタイミングだった。 天は微笑んでくれた。
「我が生涯に一片の悔いなし!」 こんな気分。 世紀の天体ショー、一生 忘れられない。

では いつもの様にアニメの感想といきますか、今回は昨日視た Fate です。


20 アイリ 横たわる 笑顔 20 雁夜 幻影 20 舞弥 あの 彼等には死が迫っていた。

20 切嗣 魔法陣の中で横たわるアイリ  20 アイリ  20 アイリ アヴァロン 20 切嗣 アヴァロンを掴む アイリは まともに動けなくなっていた。
そして彼女はアヴァロンを切嗣に渡すのだった。 最後の戦いの時、それは切嗣に必要となる。

彼女は夢を託すのだ。
全ての争いの終結、それは聖杯戦争の終焉をも意味する。
もし切嗣とアイリが失敗すれば、それは娘のイリヤに受け継がれてしまう。
それだけは防がなければならない。

20 アイリ 横たわる 正面 人としての当たり前の生を与えてくれた切嗣への感謝、そして二人の結晶の未来への想い・・・
アイリは、全てを切嗣に託すのだった。

20 バーサーカー 雁夜の首を掴む 20 バーサーカー アップ 20 バーサーカー 噴出 バーサーカーの怨嗟の声が雁夜に響く、全ての光、英霊への果てしない憎悪が迸る。
バーサーカーが初めて喋ったな、良い声だ。
20 雁夜 蟲 20 雁夜 蟲を飲んだ後 20 雁夜 胴長 目覚めた雁夜に新たな蟲が与えられた。
それは桜の純血(純潔?)を啜った特別な蟲だった。
雁夜の全身を激しい苦悶が走る・・・先の短さを予感させる。

そして・・・

20 切嗣 舞弥 膝まつく 20 切嗣 舞弥の手を握る 20 舞弥 切嗣の手 20 舞弥 切嗣の顔に手 20 切嗣 涙 舞弥の手 20 舞弥 血 横顔 20 舞弥の手に切嗣の手 舞弥・・・ライダーの急襲により、アイリを奪われた時に致命傷を負った。
駆けつけた切嗣、一目 見て事態が理解できる・・・助からない。
感情が溢れそうになる切嗣を舞弥は制した、「あなたは弱いから・・・」
20 舞弥 笑み アイリの為に・・・その涙は取っておくべき・・・・・・
笑みすら浮かべ、切嗣に語る・・・何とも切ない。
自分の想いを押し隠している、死が迫る この後に及んでも尚・・・

舞弥は何処かの紛争地帯で生まれ育ったらしい。
その地で彼女は少年兵のようなものとして仕立て上げられていったようだ。
心を殺し、ただ敵を殺す戦闘兵器の様な存在として彼女は生きて来た。
「人としては壊れている」 そんな彼女を切嗣は拾ったのだそうだ。
だから舞弥は切嗣の為に働く、切嗣の望む“道具”としての役目を全うしようと決意したのだった。

道具?
いや違う、彼女は切嗣を愛するようになっていたのではないだろうか?
そんな切嗣に尽そうと思ったのではないか?
想いを述べる事は無かった。
最後に切嗣に語りかける姿、口調・・・何処までも優しげに見えた。

20 舞弥 死に顔 「お前の役目は終わりだ」 満足気にも見える死に顔だ。
舞弥さん、少なくとも無念の死ではなかったのだろう。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

20 ウェイバー 寝袋 欠伸 寝袋姿のウェイバー
くそっ、可愛いじゃねェか!

20 ライダー 背中 アイリを攫ったライダー
しかし本人なのか? こんな事を やるキャラじゃねェだろ?
どーなってンだ !?

20 セイバー 転位 切嗣の令呪を受けて転位したセイバー
妙に可愛らしいポーズ、魔法少女っぽいwww
スポンサーサイト

テーマ : Fate/Zero 2ndシーズン    ジャンル : アニメ・コミック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。