FC2ブログ

迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
基本読専門

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
偽物語 1
Category: 物語シリーズ  
会話とエロスとフェチ・・・そんな第1話でした。

化物語も そうだったが、このシリーズは とにかく会話が絶妙だ。
普通に会話したら、特に面白くもない様な事を、ちょっとした言い回しの変化で実に斬新でワクワクさせるものにするのだ。
こーゆうセンス、自分には一欠けらも無いので嫉妬すら感じる。

キレてンだよなー。

1 暦 拉致 俯瞰 冒頭、阿良々木君は何故か拉致監禁されていた。
1 ひたぎ 笑う 犯人はこのヒト、戦場ヶ原ひたぎ だ。
1 ひたぎ 足を組み座る 1 ひたぎ 見下す 1 ひたぎ 指 1 ひたぎ 指 暦 口 1 暦 水を飲もうとする
そして“プレイ”が始まる・・・どSスキル 大全開なのだが、実は単なるプレイではないのだ。
1 ひたぎ アップ 本人の弁、「あなたは死なないわ、私が守るもの」
エヴァネタを絡めているが、本人は本気みたいだ。
どうも阿良々木君に何かの危機が迫っているらしい、それを回避する為にガハラさんは阿良々木君を拉致監禁したのだそうだ。
しかし何故 拉致監禁? ちゃんと説明すれば良いのだろうが、これがガハラさんなのだ。
1 ひたぎ こちらを見る 「呼吸から排泄に至るまで、私があなたの全身を脳まで含めて隈なく管理してあげるのだから」
1 暦 時間経過 愛が重い!
で、危機とは何なのか、来週以降に判るのかな?

この後 OP になって、場面は阿良々木君の家に移る、どうも時間が遡っているみたいだ。

1 月火 室内 それにしてもオシャレな家ン中だ、アートギャラリーみたい。
1 月火 1 月火 仰向け 1 月火 足からのアングル 1 月火 胸元 1 月火 もうっ 2
妹の月火と会話していた。
月火はどうも兄の阿良々木君が妙に物分りが良くなっているのが気に喰わないみたいだ。
1 月火 アップ 「勝手に大人にならないでよね、つまンないからさ」 寂しいのかな?
1 月火 足のみ それにしても、エロいな・・・

1 撫子 アップ で、この後 阿良々木君は千石撫子の家に向かう訳だが・・・

1 まよい 後姿 遠方 途中で八九寺真宵を見つける。
1 暦 悪巧み ここから阿良々木君の変態パワーが爆発する。
1 まよい 暦 抱き上げる 1 まよい 暦 セクハラ 触りまくるわ、パンツを脱がせようとするわ、セクハラ攻撃のラッシュだ!
1 まよい 怒り 2 1 まよい 怒り 当然 怒るわな。
小学生へのセクハラ、警察沙汰になりそうに思えるが、真宵ちゃんは浮遊霊なので他人には見えない。
阿良々木君が一人で騒いでいるだけにしか見えないので、そーはならない・・・いや、それはそれで警察沙汰か?

1 まよい 勝負 その後、阿良々木君は秘密を持つ事について真宵ちゃんに相談するのだが・・・

1 まよい 受けて立つ 何故か逆立ちを掛けて勝負する事になる。

1 暦 逆立ち 腹 1 まよい 顔を赤くし鼻から息を 1 まよい スカートを上げる 1 まよい 子供パンツ それにしても・・・
パンツを見る為だけに・・・何たる執念!

1 まよい アップ 笑顔 この子は見かけは小学生だが、実際は何歳くらいになるのだろうか?
霊として何年も彷徨っているみたいだから、結構 大人なのかもしれない。
阿良々木君との会話の中には深いものがあった・・・秘密を共有すると云う事は、危険も共有させる事なのだ、とか。

さて、次回は撫子の家の着くのかな?

1 エンドカード


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト