迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
あっちに行ったり、こっちに来たり…どーなるんや?

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


甲鉄城のカバネリ 第7話
Category: 甲鉄城のカバネリ  
7 無名 ニッコリ 境内
7 生駒 決めたお前を人間に戻す
この笑顔を守りたい!
ということで、カバネの駆逐と田んぼの奪還と無名の人間化を決意する生駒だった。簡単に言うけど、彼は本気なのだ。そういうヤツだから。

7 無名 デレル
7 無名 髪飾りを生駒に
7 無名 がおー
日常回って事で穏やかな風景が描かれたけど、無名のデレることデレることw 髪飾りを自慢するところなど普通の女の子だよな。戦闘ばかり続けてきたはずだけど、ちゃんとした情緒は保っているようで。
でもがおーは笑えんのだよな。カバネリの危うい身の上が理解できるので。

7 無名 笹を見て
7 無名 憂い 境内
無名には七夕の記憶がなかったはずだが、笹の葉を見た時、記憶が甦った。幼い頃に母と共に願いをかけた思い出があったのだ。その中で本当の名が明らかにされる。
穂積――生駒に言わせると米をたくさん食べられるようにって願いを込めた名なんだそうだ。
それはカバネに呑まれたこの世界では悲しい願いだと言える。それでも願わざるを得なかった母の想いを知らされて、無名には深く染み入っただろう。

7 美馬 無名が駆け寄る
7 無名 話したいことが 美馬
7 生駒 アップ 俺は問いたださなければならない
そんな普通の可愛らしい少女を異形の兵士に造り替えただろうと思われる解放者組織の指導者たる美馬という男、将軍の子息でもあるらしい。生駒はその真意を問い質さずにはいられない。
ところで生駒はスカウトされるのかな。技術者として優れている上にカバネリだし、戦えるし。

7 美馬 驚く
パッと見、優しそうに見える男だ。無名が「兄様」と呼ぶところからして、彼女の崇敬を得ていると思われる。だが弱肉強食の論理を叩き込んでおり、単なる優しい「兄」とは思えまい。

7 解放者たち
7 解放者たち 兵士
狩方衆と呼ばれる美馬の部隊。カバネに対して連戦連勝で土地の奪還にも成功したことがあるらしい。やっぱりカバネリの部隊なのかな? 何となく調査兵団みたいな感じがするな。と言うよりリヴァイ班みたいなものか。
でもこっちの方はどこか胡散臭い。必ずしも人間のために戦っているとも言い難い。

7 スネークみたいなヤツ
7 城主
お家騒動の影が忍び寄る。もしかしたら跡目争いのための武力として集められているのかもしれんな。だとしたらかなり私的運用。
今回はまったりと平和に話が進んだが、これは恐らく最後の平安。上の画像の連中は美馬とは対立する奴らかもしれん。
次回から怒涛の地獄行が描かれるんだろうな。




Continue

スポンサーサイト

テーマ : 甲鉄城のカバネリ    ジャンル : アニメ・コミック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。