迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
基本読専門

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
Category: アニメ  
アンジュ 3 お前が死ね
このアニメの感想は特に書こうとは思っていなかったが、第3話を観てあまりにもアレだったので書きたくなってしまった。

アンジュ 3 夢 風呂
アンジュ 3 現実逃避
ある日突然、奴隷階級みたいな立場に落とされたお姫様、現実逃避したくなるのも無理はない。
ところが程度が酷すぎて、痛姫様呼ばわりされる。呼ばれるだけならよかったが、周りに被害をもたらしたもんだから堪らない。
痛姫様は作戦中に逃亡を図る。故郷の国に戻りたかったからだ。それが味方に大損害をもらたしたのだ。

そのトバツチリを受けてしまった方々。


アンジュ 3 マム 死

アンジュ 3 ドラゴンに飛ばされた子 アップ
アンジュ 3 ドラゴン捕食

アンジュ 2 死ぬ
アンジュ 2 死ぬ 2なかなかにグロイですな。
②と③はある意味自己責任の部分もあるが(それでも痛姫様の責任は大きい)、①はいかん。

アンジュ 3 ドラゴンにおびえる
ドラゴンに怯えてしまって、仕留める寸前にまでいっていたゾーラ(①の人)のジャマをしてしまったからだ。
結果としてドラゴンの攻撃を受けゾーラは死んでしまったのだ。
これは完全に痛姫様の責任だ。単なる敵前逃亡で済まないだろう?
しかしまぁ……トンデモナイ事してしまったですな、痛姫様。

アンジュ 3 マム ヒツプ
この美麗なヒップは二度と見られないのか……
何て事をしてくれたんだ、痛姫様!

アンジュ 3 隊員たち 怒っている
お仲間さん達は怒るわな、もう怒り心頭だ。

アンジュ 3 拘束 2
痛姫様は拘束されている。こりゃ拷問凌辱プレイの開始か?
そーいや第1話では?

アンジュ 1 身体検査 1
アンジュ 1 身体検査 2
アンジュ 1 身体検査
これは、あの部位をあーしたんだろうな……
現実にもある検査だけど、完璧凌辱になってました。
痛姫様、ここは同情しました。

アンジュ 3 拘束 足元からのアングル
あと僅かで18禁になりそうなアングルですな。

アンジュ 3 死にたきゃ戦って死ね 
アンジュ 3 認めん、戦え
痛姫様はもう生きる気力もなくなるが、司令官は戦って死ねと言う。
それは良いのだが(そうか?)、こんな娘を出撃させても被害を増やすだけとは考えないのだろうか?
銃殺刑にでもするのが、普通の軍隊なんだろうが、この世界は違うのかもしれない。
そもそも彼女らのいるところが“軍隊”と呼べるものなのかわからない。

アンジュ 3 これに乗れば死ねるのですね
ともかくも痛姫様は再び出撃する、死ぬ為に。

アンジュ 3 封印された機体
この機体に乗る。
何やら事情があって封印されていた機体みたいだ、司令官の様子からして。如何にも、ですな。

アンジュ 3 恐怖で叫ぶ
如何にもな機体は期待(シャレか?)どおりの性能を見せる。
死にたいとか言ってた痛姫様だが、実際に死を間近に感じると恐怖に叫んでしまう。
そして額から流血した血が左手に嵌めていた指輪(確か母親から貰ったもの、没収されていなかったみたい)に触れた時、お約束が始まったのだ。

アンジュ 3 機体覚醒
アンジュ 3 機体覚醒 2
アンジュ 3 機体覚醒 ドラゴンに一撃
アンジュ 3 機体覚醒 ドラゴンを倒した
機体覚醒! やっぱりね、ドラゴンを倒してしまった。
なんかストライクフリーダムみたいでしたな。
なにやら秘密のありそうな指輪による覚醒、機体もさる事ながら痛姫様自身にも謎がありそう。

アンジュ 3 髪を切った
これでみんなは痛姫様を仲間として受け入れていくのだろうが、今回前半までの事をやっといて簡単に受け入れられる筈もないだろう。現実的に考えるとね。
二転三転はあるだろう、それを描写しないといかんと思う。

なかなかにロクデナシな感じ(最後の方は少しカッコついてたが)のお姫様を主役のロボットアニメ、どうにもアレな感じが強いのだが、俺はアレな感じの作品が結構好きなので、この作品も嵌るのかもしれない。
視聴継続!



Continue

スポンサーサイト

テーマ : クロスアンジュ 天使と竜の輪舞    ジャンル : アニメ・コミック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。