FC2ブログ

迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
基本読専門

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
シドニアの騎士 第12話
Category: シドニアの騎士  
12 タビハツヅク
最終回!
しかし期待に応えてくれたのか、第二期の制作が発表された。
もしかしたら、最初から予定していた?
まあ、これっきりって事にならなかったので、ホクホクw

12 指令室モニター ヘイグス粒子砲 直撃
ヘイグス粒子砲の直撃で内部の空洞部向けて大きな開口部ができた連結型奇居子、衛人隊は突入、主本体の破壊を目指す。
そのギリギリの戦いが描かれる。それが最終回の展開。

12 仄煉 コクピット
12 継衛 貫通弾を受け取る
12 継衛の手 貫通弾
仄煉から残してあった貫通弾を受け取る継衛、これが最後のキメになるだろうと思ったよ。

12 連結型奇居子 クレーター
ヘイグス粒子砲により大きく穿たれた開口部から第一小隊が突入するが案の定、紅天蛾による妨害を受ける。

12 紅天蛾 ヘイグス粒子砲 継衛 回避
長道が紅天蛾との戦いを引き受け、サマリ達が突入、主本体の破壊を目指す事になる。

12 紅天蛾 コクピット
12 継衛 紅天蛾の腹部に機関砲
12 イザナ機 継衛の手を握る
12 継衛 イザナ機 紅天蛾の攻撃を受ける
12 イザナ 意識不明
紅天蛾との戦いは正に死闘となり、長道は意識を失ってしまう。
イザナが必死に継衛の手を掴み落下を防ぐが、続く紅天蛾の攻撃により今度はイザナの方が意識を失ってしまった。
絶対絶命かと思われたが、土壇場で長道が意識を回復、戦いに戻る。

12 長道機 コクピット 継衛の左手 貫通弾
12 継衛 コクピット 紅天蛾 接近
12 継衛 ロケットパンチ
12 紅天蛾 腹部にロケットパンチ直撃
そして煉から受け取った最後の貫通弾を紅天蛾に直撃させる。
紅天蛾は泡状分解したと思われる。
お前なんか星白でも人間でもない!
星白への拘りは捨てたようだ。最後には全ての迷いを取り払った訳だ。
ギリギリの戦いだし、一瞬の迷いは自分はおろか仲間の命すら奪いかねない。もし星白に拘っていたら、イザナの身も危うくなっただろう。
この決断の早さが長道の長所なんだろう。シドニアの騎士って呼ばれるだけの事はあるかな?

それにしても、キメ手がロケットパンチになるとは……
継衛のアームにはロケットブースターでも装備されていたのか?
東亜重工はこんな使い方も想定していたのかな?

12 サマリ コクピット アップ
12 弦打 コクピット
12 主本体
サマリ達も主本体に到達、一斉に貫通弾を撃ちこむ。
そして連結型奇居子は順次泡状分解していくのだが……

12 対惑星誘導飛翔体 中心到達まで
12 小惑星 崩壊
この直ぐ後、対惑星誘導飛翔体が小惑星中心核に到達。
爆縮崩壊を起こす。

12 指令室 全景
12 ユハタ どうなったの
小惑星は消滅、シドニアの危機は回避されたのだが衛人隊の消息が掴めない。
ユハタの胸中を渦巻いた不安は計り知れないだろう。

12 指令室モニター 生存者表示
しかし七機の生存が確認される。
サマリ達は何とか脱出し、長道と合流できたようだ。

12 仄煉 イザナ機コクピットに
12 仄煉 イザナの肩を
12 イザナ メットに掌位噴射炎投影
12 イザナ 仄煉 噴射炎に照らされる
漂流していたイザナと煉を7機掌位の光が照らすシーンはなかなかに良かったな。
長道達の消息に絶望しそうになったが、一転して現れた噴射炎の光に一気に気持ちが弾けていく様子が描かれている。
イザナのアップ、映し出される掌位の光が印象的。
長道と星白の漂流の時を思い出した人も多かったろう。掌位数が圧倒的に少なかったが、こっちもなかなか良かった。

12 シドニア
12 田寛 ラスト
12 ながての文字
ラスト、田寛の前の文字「ながて」……
ところが胞衣星白の姿が描かれない。
これは何を意味するのだろうか?
二期で判るだろう。

12 しずく
二期にはこのヒトが出るようですな。
このヒトは……乞うご期待ってトコですな。

「シドニアの騎士」
予想以上の出来だった。
弐瓶作品は以前は極めてマニアックでアニメ化など不可能な代物ばかりだったのだが、原作もかなり歩み寄っていたお蔭か、判り易くなっている。
それでもかなり高度なSFだと思うが、みんなに受け入れられたみたいだ。
高度なSF作品でもやりようによっては一般にも受け入れられるって証明になっている。
表現方法しだいってトコだな。

さて、二期どころか三期、四期、原作の全てをアニメ化してほしいものだ。




Continue

テーマ : シドニアの騎士    ジャンル : アニメ・コミック