迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
基本読専門

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宇宙戦艦ヤマト2199 第14話
Category: ヤマト2199  
14 リンケ 手の上に森
ミレーネル・リンケによる精神攻撃に晒される話…それが第14話。
ホラーちっくな話でしたな。

14 森 奥に古代 スクリーン 砂嵐
さて、この話…押井守みたいな感じがした人も多いかと思う。
自分も思ったが、もう一人 思い出した人がいる。

実相寺昭雄である。
ウルトラセブン等、ウルトラマンシリーズの監督・演出を行った人だ。

この第14話では、極端な接写、逆光の多用、手前に何かを置いておいて覗き込むように見せるカメラアングル、舐めるように、追いかけるように対象を映し出す……
如何にも実相寺昭雄 風だった。

14 古代家団欒
古代家の団欒風景…リンケの精神攻撃は、その人の最も会いたい人を見せるものだった。
この風景…ウルトラセブンの、「狙われた街」 を思い出す。
ちゃぶ台を鋏んでモロボシダンとメトロン星人が相対したシーンだ。
実際は随分と違っているが、夕日を描いている所為か、オーバーラップしてまった。

14 通路上 公衆電話
14 古代 公衆電話に出る ドール
公衆電話の演出は、「第四惑星の悪夢」 を思い出す。
ロボットに人間が支配された惑星にダンとソガが迷い込む話だ。

14 森 土方 戻すんだ リンケ
このシーンも、「第四惑星」 に似たところがある。
ロボット長官にダン達が取り調べを受けるシーンがあった。

14 森 スクリーン 1
14 森 映画館 観客席 土方
14 古代 電話に出る スクリーン
14 リンケ 人形 スクリーンに森
14 古代 家族 爆炎
14 古代 スクリーン 助けて
スクリーン上の自分、それを観る観客としての自分……
現実と虚構が入り乱れる、それは確たる足場を奪い、人の心を混沌へと突き落とす。
ひたすら不安感を煽ってくれる。
映画スクリーンを使った演出は、モロに押井守的でしたな。
「紅い眼鏡」 と云う映画を思い出した。

14 リンケの手 シュール画
この絵は何となくシャフト的な……?

こーゆう話はヤマトファン的には どうなんだろうな?
俺は好きで楽しめたのだが、みんなは どう感じたのだろうか?

14 セレステラ 戻りません
14 セレステラ 一人ぼっち
このヒトは本当に何をしたかったのだろうか?
何故 突然、自分で(正確には部下のリンケ)ヤマトを拿捕しようとか考えたのだろうか?
今まで動機に繋がる描写がなかったので、いきなりすぎて戸惑った。
今後、描かれるのだろうか?

純正のガミラス人でないのは耳の形から、そーだろうなとは思っていた。
種族の復興を望んでいるとか?

14 ミレーネ・リンケ アップ
14 リンケ 傘
このヒト、ED にずっと出ていたんだけど、今回かぎりで退場なんだね?
ちと勿体無い。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

Continue

スポンサーサイト

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト2199    ジャンル : アニメ・コミック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。