FC2ブログ

迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
基本読専門

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Fate/Zero 第十六話 栄誉の果て
Category: Fate/Zero  
16 切嗣 セイバーを睨む 切嗣が如何に戦争というものを憎んでいるのか、それが痛々しいほどに判るエピソードだった。

16 ランサー セイバー 対峙 セイバーとランサーの対決、騎士の誉を懸けた それは紛れも無い尋常なる立ち合いであった。
16 セイバー 笑い 16 ランサー 笑顔 何よりも二人は この立ち合いを望み、喜びとしていた。
16 セイバー ランサー 立ち合い 16 セイバー 剣を構える 16 ランサー 槍を構える 16 セイバー ランサー 鍔迫り合い 16 セイバー ランサー 剣戟 16 セイバー ランサー 剣戟 2 16 セイバー ランサー 剣戟 3 16 セイバー ランサー 剣戟 4 16 セイバー ランサー 剣戟 5 16 セイバー ランサー 剣戟 6 16 セイバー 剣を振る 3 16 ランサー 剣先 2 16 セイバー 喉に槍 この瞬間に、二人は至上の悦びを感じている。
互いを敬い、尊ぶ・・・闘いの中に、二人は それを感じる。

16 切嗣 アップ だが切嗣は それを憎む。
戦争に正義などは無い、如何なる名誉も栄光も・・・一切ない。
あるのは悲惨、踏みにじられ、汚され、奪われ、破壊され続ける人々の絶望のみだ。
“英雄”と云うものは、この真実を隠蔽する幻想を与える、それが多くの若者達を惑わせ人生を狂わせる。

戦場には、地獄しか無い・・・しかし・・・・・・

16 ソラウ フェンス 右手 16 舞弥 ナイフ ソラウ 16 舞弥 射撃 ソラウ 16 切嗣 ソラウに銃を向ける 16 ケイネス 振り向く 16 契約書
16 ソラウ 意識不明 16 ケイネス 契約書を見る セルフ・ギアス・スクロール・・・
この契約を結ぶと、切嗣はケイネス達を殺せなくなると云う魔術師同士の契約だ。
しかし、その為の条件とは・・・
16 ランサー 槍 血 16 セイバー ランサーの血を浴びる 16 ランサー 崩壊 2 16 ランサー 崩壊 ランサーの自決だ、ケイネスが令呪を以てランサーに自決を命じさせたのだ。

16 ランサー 断末魔 2 16 ランサー 断末魔 「聖杯に呪いあれ! その願望に災いあれ! 何時か地獄の釜に堕ちながら、このディルムッドの怒りを思い出せェ!」
正に呪詛である。 その叫びに込められた無念、如何ばかりか・・・天地を焼き尽くさんばかりの怨嗟の叫びだ。

16 ケイネス ソラウ 死 16 舞弥 狙撃 しかしケイネス達も狙撃される、舞弥の仕事だ。 切嗣には殺せないのだが、他の者なら・・・
16 ソラウ 死に顔 16 ケイネス 死に顔 16 ソラウ ケイネス 死体 ・・・流石に、これは・・・・・・

16 セイバー アイリ 切嗣 遠景 セイバーは外道と言い放つ、同じ感想を抱いた人も多いだろう。

切嗣は手段を選ばない、悪を滅ぼす為に悪を為す覚悟であり、実行している。
この世界から全ての争いを無くす為に、この世の悪の全てを背負うと言う。

16 セイバー 正義は何処に セイバーは問う、「世界を救う正義の味方を誰よりも・・・」
求めていたのではないのか?

セイバーと切嗣、この二人が互いを理解し合う事は決して無いだろう・・・あるのだろうか?

この Fate/Zero と云うアニメ、最終的にカタルシスを得る事が叶わない物語なのだろうか?
正直 今回は後味が悪かった、しかし極めて重く注目に価する命題が語られてもいる。

人類は闘争の性に縛られている、その宿命からの解放は有りうるのか?


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

Continue

スポンサーサイト



テーマ : Fate/Zero 2ndシーズン    ジャンル : アニメ・コミック