迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
あっちに行ったり、こっちに来たり…どーなるんや?

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 力の信奉者、覚醒!
Category: 鉄血のオルフェンズ  
マクギリス 過去 りんご
マクギリス 過去 手を取られ
マクギリス 過去 ベッド イズナリオ
マクギリス 過去 背中 痣
マクギリス 過去 暴力
いやもう、オルフェンズはブレないなぁ。とことんやるつもりか?
日曜の夕方に男娼とか……普通ならもうちょっとボカすだろうに。これ、BPOにチクる奴出てくるかな? スタッフは覚悟の上だろうな?
お蔭でマクギリスの怒りの原点がよく分かった。そりゃあんな目に遭えば全世界が憎くなるだろうな。そして力を欲するようになるのも当然だ。PTSDになっていて何のケアも受けていなかっただろうし、歪みに歪んだままで成長してしまったんだろう。それが力の信奉者へと仕立て上げたわけだ。

マクギリス バエルの前
マクギリス その意味わかるか
バエル 従え
マクギリス バエルのコクピット
バエルは起動後のBGMの効果もあってまさに王者の風格が感じられた。
どうもこのMS、ギャラルホルンにとって特別な意味があるようで、創設者アグニカ・カイエルの魂を宿しているという。単なる伝説に留まらず、セブンスターズの反応やマクギリスの台詞などからも伺えた。
魂が宿るとは何か? 本当にアグニカ・カイエルの魂が存在しているとでも言うのか?
今までの物語から阿頼耶識のリミッターを外し続けると身体機能を奪われてしまうのが三日月とバルバトスの戦いから証明されている。これが行く所まで行くと、全身の機能を喪失し、意識の全てがMSに移されてしまう可能性が想像される。バエルはこの段階まで行き、アグニカ・カイエルの意識の全てが移ってしまったのか? 移ると言っても、思考パターンに留まり自我意識自体は消滅しているのかもしれず、となると“魂”そのものがあるとは言えない。この辺は現状不明だが、判明すると三日月の今後を占う指標となり得るのかもしれないな。
厄災戦時、MAとの戦闘は熾烈を極めただろうし、パイロットはリミッターを外さざるを得ない状況に追い込まれる例も多かっただろう。だから次々と意識を奪われることは頻発したのかもしれない。アグニカ・カイエルもその一人になるのかもしれないな。
創設者の意識を奪った機体はある種のカリスマ的存在となり、故にこそ力、或いは支配の象徴となったのかもしれない。
いや、それだけじゃないか。アグニカ・カイエルの思考パターンがシステムとして機能するのなら、かなりの阿頼耶識になりそうだし、実戦でも役立つか。
そう言やマクギリスも阿頼耶識手術を受けていたんだな。

ガエリオ さあ好きなように
ガエリオ 阿頼耶識 起動
ヴィダール し
2バルバトス
バルバトス ヴィダールに突撃
バルバトス 尻尾射出
アインの脳と阿頼耶識を補助システムとしてガエリオと接続し、バルバトスと同等の能力を発現したヴィダール。生体脳をパーツとし、思考パターンを再現し、制御機構としてMSの駆動系にリンクさせた完全思考制御機構と思われる。それは尋常ならざる能力を示した。同時にパイロットへの負荷も描かれている。ガエリオの場合はアインの脳が防波堤になるみたいだ。それもまた何とも忌まわしい話だな。
この物語、人と機械・兵器の連結・融合を描き、忌まわしさを表現している。戦争の惨禍は結局は人の命・尊厳を奪うものだと感じさせるものだ。それを兵器と重なる姿として見せ、後戻りの効かない悲劇として描いている。
アインはもう人とは呼べない化物と化している。接続するガエリオも引きずられていくのかと危惧させる。一連の起動シーンは手に汗握る燃える展開だったが、危うさも感じさせ、うすら寒さが垣間見えた。

ガエリオ 討つ
ガエリオは精悍になったな。みんなが言うように主人公みたいだ。
ただ、彼の怒りは当たり前の正義に見えるが、彼はマクギリスの生い立ちを知らず、その怒りが理解できないのだ。そもそも下層階級の立場に対する認識など全くない特権階級に生きてきた彼に解ろうはずもないだろう。この点を忘れてはならないと思う。



Continue

スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ    ジャンル : アニメ・コミック


鉄血のオルフェンズ 色々とザワザワ、モヤモヤ
Category: 鉄血のオルフェンズ  
ラフタの死
アジ―の叫び
ジャスレイ
オルガ
アトラ
あきひろ
三日月
クーデリア
あの日
ここ二回ほど、ホントに心を揺さぶられてもう堪りません。
全く予想もつかない出来事に衝撃を通り越して思考が凍結、続いて虚しくなってしまった……いったいこの物語はどうなってしまうのか?
ラフタがあんな形で死ぬなどと、予想できた人がいたのだろうか? 鉄砲玉に撃ち殺されるなどと、まるで任侠映画じゃないか! いや、まぁオルフェンズは任侠ものっぽかったけど。モロなんだもんな。
聞けばラフタの死に方は「仁義なき戦い」の松方弘樹の演じた役の死に方と同じなんだとか。あんなのまるで予想しなかった。
観返してみるとフラグと言えるものはあった。昭弘とのデートとか、サブタイトルの出たところで「サヨナラ」と言ったところなど、示唆してはいたよな。でも全く気付かなかった。あれは行く行くは鉄華団に入団するフラグだと思ったんだがな。
アジ―の叫び方は実に凄かった。単に驚くとか悲しむだけでない。状況が理解できず、認めたくなく、否定したいけど、それでも現実が押し寄せて、混乱を極めて叫ぶしかなかったという、まさに絶叫―或いは悲鳴だ。中の人の演技はアカデミー賞ものだな。
もう、この回で心が砕かれました。
何ちゅーもんを見せてくれるんだ!
で、次の回では鉄華団のカチコミの話だが、これがもうまた何と言うか……全然スカッとしなかった。オルガの言葉と同じように「これっぽっちも面白くなかった」のだ。いや、ストーリーは面白かったよ。ただ、憎むべくクズを始末したのに、全く爽快感がなかったのだよ。これは何なんだろうな?
オルガ以外にもキャラたち全てが妙にしんみりしちゃってお通夜みたいな雰囲気が出ていて、虚しさが漂っていた。これ、恐らくスタッフは計算してやったんだと思うけど、見事にヒットしたよな。何らかのメッセージがあると思う。
この後、鉄華団はマクギリスの革命に参加していくことになるのだが、これもまた重い空気が流れていて、何だか不安。ユージーンの問いに対するオルガの応えが少し間が開いたのが気になる。オルガは本当は「目指すものは同じ」ではないと感じていたような気がする。マクギリスが言葉の通りに行動するとも思えず、理想はオルガたちとはかけ離れているのだろう。それを感じつつ、それでもいいと思っているような感じだ。表情といい、口調といい、虚ろで力がなく、諦観した人間に見えるのだ。彼は疲れ果ててしまい、なるべく早く全部終わらせたいと思っていそうな気がする。死相のようなものが見えてきて不安。
オルガと鉄華団はずっと戦い続けてきている。それは心から笑える場所にたどり着くためのものだが、それがもうこの世にはないと諦めているような、そんな雰囲気があるのだ。だから敢えて死地に赴こうとしているような気がしてくる。
クーデリアのナレーションが留めになっていて、これは鉄華団の全滅エンドなのかと危惧させてしまう。
こんなのは外れてほしいものだ。確か一期の終わりの方でも全滅エンドっぽい雰囲気があったが、最後は見事に外していた。見事すぎたが。今回も完璧に外してほしいが、安易な回避もオルフェンズらしくはない。全滅はともかく、今後も重要キャラが死ぬ事態は避けられないのかもしれない。
クーデリア以外(ラストのナレーションは過去を振り返ったものと思われる。彼女は生き延び、鉄華団との日々を述懐したような感じがした)、全員死ぬ可能性があると思う。

2バルバトス
三日月も生き延びるかもしれない。だがそれはバルバトスと完全に一体化してしまうものなのかもしれない。肉体は完全に機能を失い、意識が全てバルバトスに移る形。
人間としては死を意味するか? 意識・精神さえあれば“生きて”いるといえるかもしれないが。

Continue

テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ    ジャンル : アニメ・コミック


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話
Category: 鉄血のオルフェンズ  
26 謎仮面
さぁ、この謎仮面の人、誰なんでしょうね。予想してみましょう。
ガエリオは定番中の定番なので、ここは他に可能性のある人を考えてみよう。

アイン……ギャラルホルンが死体を回収している可能性がある。
アインはもしかしたら意識があのでっかいモビルスーツに移ってしまっていて、ある意味生存ってネタもアリかもしれんぞ。バルバトスとの戦闘の後、モビルスーツのCPUに残っていたアインの意識をサルベージしたのかもな。――で、その後、修復にあたって大改修してもらったんだ。
でも人間の姿を取っているのは?
ずっとモビルスーツってのもかわいそうだから人間大の義体でも貰って活動できるようにしてもらったとか。あと、人間体があると任務の幅も広がるだろうし、いざ戦闘となると瞬時に意識をモビルスーツに戻せるシステムを備えているとか?
仮面をつけているわけは?
顔は作ってもらっていないとか。機能優先のメカニカルなフェイスパーツになっているのかも。さすがに不気味だから人前に出る時は仮面をつけるしかないとか。

フミタンなどはどうだろうか?
あの工業コロニーで狙撃されて事切れていたが、回収された死体がどうした訳かギャラルホルンの阿頼耶識研究所に渡って、実験材料にされた。アインを越える新型阿頼耶識システムの実証実験体として運用された。記憶も人格も完全に作り替えられているが、ところが奥底に……
人間体を持っているのはやはり任務の幅を持たせるため。顔を隠しているのは、正体を隠すため……なんか色々と無理があるな。
意味のない妄想だから、この辺でやめとこうか。

オーソドックスにいけば、やっぱりガエリオだろうな。ただ状態が分からん。マクギリスに殺されかけたのだから、まともな立場でいられないはずだ。
記憶を奪われて従わされているのか。元のまま記憶があると、マクギリスの方がヤバくなるからな。
或いはギャラルホルンの他の誰かのところに転がり込んだとか。アリアンロッド艦隊司令のあの人あたりの可能性がある。――で、顔を隠して名前を変えて別人になって復讐の機会を伺っている――なんて展開だとちょっと面白いかも。
どっちにせよ、あのやられようからどうやって生還したのか分からん。生きていたとして、その辺ちゃんと説明するのだろうか?



Continue

テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ    ジャンル : アニメ・コミック


「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第2期PV他
Category: 鉄血のオルフェンズ  

色々と変っていますな。特に双子。ビスケットも草葉の陰で喜んでいるでしょう。
早よ、早よ! 10月よ早よw

Continue

テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ    ジャンル : アニメ・コミック


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第25話
Category: 鉄血のオルフェンズ  
25 バルバトス オルガ 三日月 夕陽
ここ数回の絶望的な展開のせいか、もう全滅エンドしか見えなくなっていたが、その悪夢は見事に回避!
何とかハッピーエンド的なゴールに辿り着いた。ちょっと生ぬるく感じてしまったのは、前回の絶望感に当てられてしまっていたせいだ。でもこのハッピーエンドは一時的なものなんだな。

25 マクギリス アップ ガエリオに言い放つ
25 ガエリオ アップ 絶望の叫び
25 マクギリス機 右手剣
25 キマリストルーパー コクピットに剣
25 キマリストルーパー 残骸
ガエリオにとっては余りにも過酷で、絶望すら生ぬるいと言いたくなるほどの奈落の末路が待ち構えていた。
カルタへの情報提供、アインに対する阿頼耶識化、それは全てギャラルホルンとセブンスターズの三家(イシュ―、ボードウィン、ファリド)を手中に収めるためのもの。人の心と尊厳を踏みにじる卑劣なる所業を、友と信じた男によって為されたのだ。自身が陥れられた嘆きと共に、愛する肉親(妹)の未来がその裏切り者の手に握られてしまう恐怖……、心中を逆巻く<怒りはいかばかりか。だが声は届かず、望みは叶わず……、清廉なる男は凶刃に倒れた。
コクピットを見事に一突きしているので、どう考えても終わりに見えるが、このアニメ、死の瞬間がしっかりと描かれていないと(カルタや昌弘、オネェ、クランク二尉などはしっかりと描かれていた)生存の可能性が高いので、もしかしたら……、と一縷の望みを抱く。幾ら何でもこれは可哀想すぎる。

25 マクギリス コクピット 語る
嘯き、勝ち誇ったような言い方をしていたマクギリスだが、何処か虚ろで寂しげなところもあった。彼は目的を果たしつつあるのだが、そこに歓喜はないらしい。何故ならば彼の行動の根源にあるのは怒りだったからだ。それは身も心も焼き尽くす破滅的なものなのだろう。
心から友と抱いた者たちを自ら切り捨てても尚、やめられないほどの怒りとは……?
やはり幼少時の体験が影響しているのだろう。その詳細は二期で語られるに違いない。

25 マクギリス アルミリア 抱き合う
ふっふっふっふ、これで我が幼女ハーレム構築の障害はなくなった。あとはクッキーちゃんとクラッカーちゃんだな。アトラちゃんはちょっと歳がいってるけど、まだ守備範囲かな? クーちゃん以上は論外さw
左手をよく見てくれ。アルミリアの……

25 グレイズアイン 目が光る
25 グレイズアイン 戦斧を振りかぶる バルバトス 防御姿勢
グレイズアインの狂気、それは味方であるはずのギャラルホルンの兵士にも悪魔の如きものに映った。この有り様もまたマクギリスの望んだもの。ギャラルホルンの歪みの象徴として民衆の心に刻まれるのだ。グレイズアインの狂乱はフリュウの失脚とマカナイの復権の後押しとなり、そしてイズナリオもまた失脚へと追い込まれた。

25 アイン コクピット 背中
25 アイン コクピット 横
アインの絶叫は正に狂人の如く猛り狂っていたが、ところがコクピット内の彼は静か。と言うか、抜け殻だ。思考の出力が全てモビルスーツに移っているようで、その状態が狂気を加速させていると思われる。

25 バルバトス 破片
25 三日月 アップ 目 コクピット
バルバトスは追い詰められる。だが、三日月自身に変貌が起きる。

25 三日月 アップ コクピット お前の全部をよこせ
25 三日月 右目に血
25 バルバトス グレイズアインの腕を斬る
25 バルバトス グレイズアインの胸部に突き
25 バルバトス アップ ラスト
三日月の叫びに応えたのか、阿頼耶識に何かが起こる。バルバトスの反応速度がうなぎ登りに上昇し、グレイズアインを圧倒してしまった。まるでパイロットの意志が接続レベルの上昇を引き起こしたかの現象。これは三日月の才能なのか? いや、バルバトスの――と、言うよりガンダムフレームの特質なのかもしれない。パイロットの意志なり思考が一定のレベルを越えると接続深度を上昇させるシステムでもあるのかもしれない。言わば後天的にアインみたいな状態にするようなもの。つまり……

25 三日月 右目が見えない
25 三日月 右手が動かない
意識が次第にモビルスーツに奪われてしまう?
これからもバルバトスで戦闘を続けるとなると、いずれ三日月は全身の感覚を奪われてしまうのかもしれない。そして最終的にはバルバトスから離れられなくなってしまうのかもしれない? つまりアインと同じ状態だ。
やはりハッピーエンドとは言えないな。

25 オルガ 右手を
25 三日月 左手を
25 三日月の左手とオルガの右手
二人の結束を表す絵だ。最初のOPを彷彿させる。前向きなものだが、決して安穏とはできない。

25 火星 メイス ラスト
ここで終わる。だが完結ではない。
この半年、これ程に首筋をビリビリさせてくれたアニメは久々だった。禍々しさすら感じさせた少年兵たちの姿に、違和感を感じつつも惹かれていた。決してマイルドになることなく、最後まで尖り続けた描写には拍手だ。二期ではどうなるのか? 変にマイルドにならず、ドンドンと突っ走って行ってほしいものだ。



Continue

テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ    ジャンル : アニメ・コミック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。