FC2ブログ

迷走が始まっている。 袋小路に迷い込んだ。 出口が見えない。 光よ、何処に?

プロフィール

ダムド

Author:ダムド
基本読専門

R1tsuN
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
Flash Bell Lyre
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第24話
Category: 鉄血のオルフェンズ  
24 アトラ 負傷者の看病
情け容赦なく描かれる少年兵たちの散華の数々、血肉が飛び散るさまだけは流石に規制していたが、負傷者が次々と担ぎ込まれる野戦病院の如き描写は、それが紛れもない戦争―“殺し合い”の状況を知らしめる。

24 オルガ アップ 正面 険しい
敵との戦力差は絶望的な開きがあり、彼らに打開の目は有りえない。だが執拗な突撃を繰り返し、多くの犠牲者を出しつつも戦闘を継続していた。それは紛れもない狂気だ。鉄華団は特攻隊の集団と化していた。
オルガは、ここに“未来への報酬”を語った。自分の命をチップとして、対価として、生き残る仲間の、家族の未来の礎として捧げんと語る。少年たちは心酔するように同意し、“最後”の戦いに臨む闘志を滾らせていく。
だが、この“報酬”、真の希望なのか?

24 メリビット モノローグ
24 メリビット 手で顔を覆う 雪之丞が頭を撫でる
違う! そんなの間違っている! だが、やはり声は届かない。戦争の狂気はもはや誰の耳にも届かないのだ。
メリビットのメンタリティーは現代の日本人に近いものだ。彼女の反応、言葉は視聴者の声を代表したものなのかもしれない。だがこれは、少年たちに決して届かないのだ。

24 タカキ 帽子
いつか死んで逝く ――と、静かに言ったタカキ。これこそが彼らの立場、生い立ちそのものを表す。生まれた時より社会の底辺にあり、或いは戦場の中にあり、生き延びるのが精一杯で、明るい未来などとても抱けたものではない人生は、当然のように虚無的な人生観を育む。
命ほど安いものなどなく、俺たちはゴミクズの如く扱われて棄てられるだけ。そして人知れず野垂れ死ぬんだ……
だが、そんな彼らには――いや、そんな彼らだからこそ――オルガの言葉は響くのだ。例えここで散ろうと、“家族”と定める誰かの未来に繋がるのなら……!
彼らはここに人生の意味を見出したのかもしれない。

24 涙を流して特攻
しかし、それは本物の希望なのか?
繰り返す、本物の希望なのか?
涙を流しながら突撃する彼の姿は、かつての特攻隊に重なりやしないだろうか? ここに希望があるなどと、現代の日本人には信じられない。

24 グシオンリベイク 流星号
24 バルバトス 対 キマリストルーパー
24 バルバトス キマリストルーパー 額を突き合わす
24 グレイズアイン 大地に立つ
24 クーデリア グレイズアインの前に
24 クーデリア 私はここです
24 クーデリア 決死
次回、最終回。恐らく一期のラストであって真の完結ではないはず。
生き延びるのは誰か――もう、そんな感じになっている。

24 グレイズアイン 着地 市街地
んで、アイン……、モビルスーツで市街地に入っちゃったけど、これってギャラルホルンの大失態になりゃせんか?
この辺、マカナイの再選に際して物凄くいい材料になるような……
後からバルバトスも突っ込んで来ているが、これはグレイズアインを止めるためという名目が立つ。急迫不正なる侵害に対する武力行使だ。今さらか……
しかしまぁ、アインさん……、狂っちゃってるから思慮分別とか全く働かないんだろうな。




Continue

テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ    ジャンル : アニメ・コミック


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第23話
Category: 鉄血のオルフェンズ  
23 カルタ 死に顔
カルタ、散る!
今回は様々な“戻れない”姿が描かれる。

23 オルガ 帰る場所はねぇ
23 オルガ 辿り着く場所ならある
修羅の途へと突き進む鉄華団。

23 アインガンダム 手前 ガエリオ 技師
23 アインガンダム アップ
23 アインガンダム 接続図
人間の身を捨ててしまったアイン。

23 マクギリス 君たちは良き友だった
友を切り捨てるマクギリス
それは人としての当たり前の人生を捨て去るものだ。
もう戻れない、戻る気などない。彼らは自らに強いて、奈落へと堕ちていくのだ。

23 メリビット ダメよこんな
23 ガエリオ コクピット 感情が溢れる
良心の声は届かない。修羅の狂気は全てを焼き尽くさずにはいられない。

23 バルバトス 奇襲
23 バルバトス 突撃
23 バルバトス 急接近
23 バルバトス
23 バルバトス 目 光る
23 バルバトス レンチメイス
23 バルバトス ストンピング
23 グレイズ グシャ
見よ、この有り様! 紛れもなく悪魔の所業!
だが忘れるな。彼らはこうするしかないのだ。生まれてこの方、戦火の下に身を置き続けた彼らはこうするしかないのだ。

23 三日月 コクピット 殺さないとまた邪魔しに
殺らなければ、殺られる……
冷厳たる事実が余すことなく描かれた。
全く持って半端ない。容赦なく殺し殺されの姿を描写する。これはこの物語の道行を暗示する。

23 ヤマギ 三日月さんの戦いを
子供たちも復讐の連鎖へと呑み込まれていく。予告を見るに次回は彼らも出撃するらしい。これはもう……、バタバタと逝っちまう死亡フラグの大バーゲンになりゃしないか?
間もなく一期が終わるが、どうもそのラストはかなり悲惨なことになりそうだ。

23 クーデリア
クーデリアはそれでも歩むか、歩み続けるか?
何とも過酷な……

23 ビスケット みんな一緒に帰るんだ
この言葉は、決して果たされない。果たせない。



Continue

テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ    ジャンル : アニメ・コミック


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第22話
Category: 鉄血のオルフェンズ  
22 三日月 アップ 何人殺せば
22 オルガ アップ ちょっと待て
あと何人殺せばいい?
これは呪いだ。幼い頃に交わした約束、「何処か違う所に連れてってやる」の“本質”が現れている。
考えれば直ぐに分る。2人が“約束”を交わした時、それは恐らく三日月が初めて殺人を犯した瞬間。それが希望に溢れた未来を約束するものとは言えないのだ。
三日月はあの時より、何人もの人間を殺してきているはずだ。オルガの指示によって、彼のために、そして自分のために、何処か違う所に辿り着くまでのものと信じて……
それが彼の内面に多大な影響を与えたのは確実。普通の人格は崩壊し、1つの目的のためにのみ機能する今の三日月を構成する。
言われたままにずっと殺し続けて来たんだ。今さら降りるなんて許さんぞ!
こう言っているようにも思える。ビスケットの死が大きな衝撃を与えたのは理解するだろう。だが、それで終わって貰っては困るのだ。
今まで俺のやってきた事はなんだったのだ?
“約束”は最初から希望に溢れるものではなかったのかもしれない。ただ、殺人の十字架の、その重みに潰されないための、思考の武装だったのかもしれない。
進まなければ、潰れてしまう。潰される前に潰してやる!
もはや戦い続けるしか意識が持たない。これ以外に生きてはいけないのだ……
或いは約束の地への到達など望めないと思っているのかもしれない。ただあるものと信じたように振る舞い、戦い続ける理由づけがほしいだけなのかもしれない。

22 オルガ アップ 連れてきゃいいんだろ
これは狂気か? 三日月の脅しとも取れる言い様に反発するようにオルガは立ち上がり、叫んだ。これは奈落への旅立ちを意味しやしないか?

22 三日月 潰さなきゃ
仕事の目的はいつの間にか変質、クーデリアの護衛とマカナイを送るという目的だったが、ビスケットたち死んだ仲間の敵討ちとなり、ギャラルホルンとの全面対決を決意するものとなる。

22 ラフタ アジ― エイコ こうなると思ってた
これでいいのか? いい筈がない。メリビットが理を諭すが耳を傾けやしない。雪之丞やラフタたちは仕方がないと言い、止めようとはしない。
こうなると鉄華団の全滅エンドのような結末すら予感してしまう。だって戦力差は圧倒的だろ?
まともにぶつかるやり方はしないと思うが、それでも勝ち目はなさそうに思える。どうなるのだろう?

22 アトラ 鉄華団を見る
アトラは何となく冷めていたような、心配そうな……

22 クーデリア 黙祷
クーデリアが止めようとはしなかったのがまた注目だ。彼女にとって目的を果たすには鉄華団が降りない方がいいのは確実。そんな計算の上なのかは不明だが、革命の乙女として覚醒した彼女は奈落の途を覚悟してしまっているのかもしれない。

22 クーデリア 移動計画の説明 まかない
22 まかない カップ
地球の現状や勢力図、マカナイの派閥の現状など様々な事柄を学び、彼女は行動計画を組み立てる。冷静にして沈着、そして迅速。指導者としての能力を発揮しつつあるが、これは彼女を普通の少女から遠ざけるものだ。
でも、これからどーなるんかね? 風雲急を告げるどころじゃないぞ。



Continue

テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ    ジャンル : アニメ・コミック


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第21話
Category: 鉄血のオルフェンズ  
21 ビスケット コクピット ああでも油断は禁物だ
うっそだろ、オイ! 
先週の予告でこの画像を観た時、「死亡フラグか」なんて書いたが、本気で思っていた訳じゃない。幾らシビアなオルフェンズの世界でも、ビスケットの死は有りえないと思っていた。それが……!

21 ビスケットの妹たち 早く帰って来ないかな
21 オルガ 島を出てからにしてくれねぇか
21 ビスケット 島を出たら話をしよう
21 ビスケット 後で話し合おう
今回、幾つものフラグを意識させる演出が立て続いたので、急にザワつきはした。それでもないだろうと思っていたんだ。信じていたと言うべきか。

21 オルガ 地べた 流血 ビスケットの異変に気づく
21 ビスケット 下敷き
21 オルガ ビスケットに泣きつく
それがこれだ。ああ……これがオルフェンズなんだ。どこまでもシビアに冷徹に、戦争の世界を描く物語なんだ。最も重要な、第一グループに属するキャラでも容赦なく死んでしまう世界なのだ。
うーむ、ビスケットはとうとう言葉を伝えることなく(できずに)逝ってしまったな。この辺りが非情の世界を象徴している。

21 オルフェンズの涙 トウモロコシ畑
――で、この後に「オルフェンズの涙」を流してくれるもんだから、クルわな……
この歌、鎮魂歌になるな。しかし、だったらフミタンの時にも使ってほしかったような……

21 カルタ コクピット 身を乗り出す 目がイッてる
21 三日月 アップ コクピット 目がイッテ
21 三日月 コクピット お前何をしている
殺ってくれたのはカルタ、こうなると三日月が黙っちゃいない。見て分かるように、目がイッている。殺しの目だ。
もう麻呂のおばさんの命運は尽きたとしか言えないが、しかしホントに殺られちまうのか? いやキャラの性質上、もっと登場し続けて笑いを取るものだと思っていたが……
でもこんなコトしちまうとな……、落とし前つけるってのが定石だよな。
――と、書いたが彼らは戦争をている(正式な戦争とは言い難く、戦闘と言うべきだが)のだ。だから殺し殺されは当たり前で、三日月のアレはカルタ側から見れば一方的なものになる。だが殺し合う彼らは敵の事など慮る事はない。そんな余裕もなく、考えも浮かばない。仲間の死にのみ反応し、怒るのは自然な事ではある。

21 オルガ ビスケットに手を
さて、これからオルガはどうなる? 三日月に次いで大切な――いや、殆ど同等だったのだろう――半身とも言えた相棒が居なくなってしまったのだ。これは彼の心を壊してしまう可能性が出てくる。ブレーキを無くし、暴走してしまうのかもしれず、無茶な事ばかり意図的に続けるようになるのかもしれない。

21 メリビット オルガの手に 言う機会ならいくらでも
三日月にブレーキ役が務まるかは分からない。ただ、メリビットの役割が重要度を増しそうな気がする。

21 アイン 予告
ところでビスケットも機械化とかして助けられないか? 彼らは地球人と違ってそっちに抵抗感はないだろうし……

21 予告 死体袋
でもこれが出ているもんだから、希望は抱けない……




Continue

テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ    ジャンル : アニメ・コミック


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第20話
Category: 鉄血のオルフェンズ  
20 オルガ のしあがって
20 ビスケット オルガと口論
サブタイトルの意味するものは、皆の予想した通り(予想するまでもないが)オルガとビスケットのことだった。
あくまでも名を上げ、更に大きくなって力強く歩むことを望むオルガに対して、小さくとも家族や仲間たちとのささやかな幸せを望むビスケット。溝は埋められず、遂に激突。ビスケットは鉄華団を降りるとまで言い切ってしまった。
突っ走るオルガに対してビスケットがブレーキをかけるという関係がずっと続いて来た2人だが、ここに来てそのバランスが崩れてしまったわけだ。その理由はビスケットに届いたメールによる。

20 サヴァラン 事は思い通りに
血を分けた肉親の死は心底堪えたらしい。ビスケットにはオルガの決断が皆の不幸を招くものとしか思えなくなったようだ。
しかしサヴァランさん、あの騒動の直後は生きていた筈だが、どうも後で自殺したらしい。この死がビスケットの心を縛ってしまい、いつになく強硬にオルガに反対する原動力となってしまった。死者が生者を縛るようなもので、呪いにも見えるが、肉親の死というものは、それは大きな呪縛を齎すという証明だ。特に自殺などという結末を知らされるとなると、残された家族を襲う衝撃はいかばかりか。
サヴァランさん、あなたの気持ちは分からなくもないが、もう少し考えてほしかった。あなたにとってドルト労働者はそれは大切なものだったのだろうが、ビスケットだって同じくらいに大切ではなかったのか? 
――と、言いたかったが、ずっと離れて暮らしていた実の弟よりいつも一緒にいた労働者の仲間のことの方が彼の心を占めていたのだろう。いや、こうしてメールを残したのだから(しかし遺書になる)、ビスケットに対する気持ちもあったとは思う。
ともかくも、遣る瀬無いぜ……

20 雪之丞 ビスケット 話し合い 手前バルバトス
20 メリビット オルガの話を聞く
ビスケットは雪之丞に、オルガはメリビットに事の顛末を話す。だがそれだけに留まらず、互いの互いに対する想いを吐露するのだった。年長者の2人は若者たちの言葉を頭ごなしに𠮟りつけるでなく、優しく聞いていた。これがオルガとビスケットの気持ちを和らげ、歩み寄るきっかけとなればいいが。なるとは思うが……
ところでオルガはメリビットが気に食わなかった筈だが、知らぬ間に本音を語る仲になってんじゃん。

20 ビスケット 予告
予告だが、ビスケットがコクピットらしきところにいるようだが?
出撃するのか? 嫌な予感がするのだが……死亡フラグだなんてやめてくれよな。

20 まかない ほっほっほ
そもそも騒動の元凶はこの人にある。クーデリアはこの人と会談して火星の経済権益の獲得を目指していたのだが、肝心の子の人が所属する経済圏の政界から失脚して亡命という身に堕ちている。だから何の権限もないのだ。何話か前に語られていたから、視聴者的には分っていたことではあるが。
それを面白おかしそうに言い放つものだから、はぁ? てなことになるのも当然。

20 クーデリア 無駄だったと
気を持たせるだけ持たせて、イザ挿○ってトコで「はいお預け」って気分w
この不満は何処にぶつけりゃいいのさ、なんて言いたくもなる。流石のクーデリアさんもキレてました。

20 蒔苗 アップ お前らそれでいいのか
ところが逆転の一手があると言う。自分を経済圏の代表選挙の場に連れて行ってくれれば、何とかなると言う。それが何なのか不明だが、何やら良からぬことのような気がする。
鉄華団に連れて行ってもらうよう要請するのだが、それは彼らにとって容易に答を出せるものではない。だが、この爺さん、ここで態度を豹変。
お前ら、それでいいのか? などと態度を豹変し、ギャラルホルンへの引き渡しをちらつかせて脅しにかかる。これでこの爺さんが善意の人でないのは明らかになる。つか以前から怪しさ爆発していたが。腹の底に何を隠しているのか、底知れないものを感じる。
この辺は完璧にヤクザのやり方だな。ノブリスといい、マクマードといい、この世界の大人にはカタギはいないのかよ?
ま、ともかくこれがオルガとビスケットの衝突の元凶なんだが、これがなくても何処かでぶつかったのかもしれんな。

20 アトラ 三日月はいいの 手前 クーデリア
ところでこの人たち、1G重力下で普通に力仕事をしていたぞ。火星の重力は地球の三分の一だったか? とにかく地球よりは小さい。そんな環境下で生きて来たこの人たちは本質的に地球人より筋力が劣るはず。三日月たち鉄華団のメンバーなら鍛え上げていて、高重力下の環境でも動けるように仕上げていたのかもしれない。宇宙ネズミとして色んな環境に派遣されただろうし、それが宇宙時代の兵員の備えなのだろとは思う。だからもしかしたら、対応できるのかもしれない。
だがクーデリアとアトラは? 何も苦にしていないように見える。これは何なのだ?







Continue

テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ    ジャンル : アニメ・コミック